【5人の王】コミックス3巻、ネタバレ感想まとめ

5人の王
この記事を書いた人
chiharu

横浜在住、アラサーママのchiharuです。夫、保育園に通う娘と3人暮らし。整理収納アドバイザー1級、FP3級を取得。マンガ、美容、ダイエット、スイーツが大好きです♡

chiharuをフォローする

「5人の王」は、シェブロンという国を舞台にしたファンタジー作品

青の王、赤の王、緑の王、紫の王、黒の王がそれぞれ国を治めています。

王は、両手の甲に「ティンクチャー」と呼ばれるしるしがあり、王が死ぬとすぐに、他の者に受け継がれます。

ぷるるん
ぷるるん

「5人の王」3巻はどんな展開??
気になる方のためにまとめてみたよ!

chiharu
chiharu

絵も話もクオリティ高くて、おすすめのBLです!

この記事を読めば、「5人の王」コミックス3巻のネタバレがわかりますよ。

スポンサードリンク

「5人の王」コミックス3巻とは

【明かされる王の秘密。そして、運命が交差する―――!】「もう大切なひとは作らない」妹・ヒソクの死をきっかけに、緑の王を継承したセージは、王として生きることを決意する。新たに緑の宰相・グリニッジと出会い、他の王と共に慣れない政務を執り行うセージ。しかし、その矢先、夢の中で過去を見るようになってしまう。若い青の王、幼いルリとシアン、そしてもうひとり……。王たちの謎が解き明かされる、新章突入――。

「ebookjapan」紹介ページより

「5人の王」公式サイトはこちら

【5人の王】3巻の主な登場人物

  • セージ:唯一の家族である妹の身代わりとして、青の宮殿にやってきた。
  • 青の王(アジュール):シェブロンの中央を治める、最も権力を持つ王。
  • 赤の王(ギュールズ):シェブロンで最も豊かな南方を治める王。
  • シアン:青の王に仕える近衛隊長。博識で学士でもある。
  • ルリ:青の王に仕える侍女。優しく穏やかな女性。
スポンサードリンク

【5人の王】コミックス3巻のネタバレ

「5人の王」3巻の収録作品はこちらです。

  • 12話
  • 13話
  • 14話
  • 15話
  • 16話
  • 17話
  • 18話

【5人の王】第12話ネタバレ

赤の王(ギュールズ)にぶつかってしまい、「申し訳ありません!」と謝るセージ。

その様子をみていた紫の王(パーピュア)に、青の王、赤の王との関係を言い当てられてしまいます。

黒の王から「双子の術師の片割れが、眠らされて使えない」と聞いたセージ。

自分の「声」の想像以上の威力に、心を痛めます。

ズバズバと、これまでの経緯を言い当てるパーピュアに、セージが困っていると、助け舟を出す青の王。

宮殿に戻ろうとしたセージに、双子の術師の片割れが襲いかかります。

突然のことに避けられず、短剣を突き立てられたセージ。

赤の王が、セージを襲った術師を、すぐさま取り押さえます。

セージの大量出血に、パーピュアはショックを受け、気を失ってしまいます。

気がついたセージは、緑の宮殿で、医師であるマラカイトに治療を受けていました。

マラカイトから、殺された前王と、側近であるグリニッジの話を聞くセージ。

セージは、双子の術師を思い出し、重傷にも関わらず、王宮に戻ろうとします。

一方その頃、緑の王の側近・グリニッジは、黒の王の元を訪ねていたのでした。

【5人の王】第13話ネタバレ

「セーブル様に取りついでほしい」と頼むも、門番に断られるセージ。

双子の術師の片割れ、ソースラーが亡くなったと聞き、ショックを受けます。

そこへ、グリニッジと黒の王が通りかかります。

記憶を失ったソーサラーは、自分が引き受ける、と黒の王に申し出るセージ。

黒の王は「ソーサラーの身柄は、青の宮殿に引き渡した」と答えます。

傷が開き、出血したセージは、そこで気を失ってしまうのでした。

目が覚めると、青の宮殿にいたセージ。

違和感の正体は、白いはずの青の宮殿の壁が、青いこと。

すぐ近くで、水時計のことで怒られる、2人の少年がいます。

ルリによく似た女の子がいますが、鎖骨には紫の羽のティンクチャーが。

ふと目覚めると、緑の宮殿のベッドで眠っていたセージ。

今見た夢のリアルさに、「本当に起きた出来事みたい」と思うのでした。

【5人の王】第14話ネタバレ

初めて会合に参加し、西方の復興政策について、意見を聞こうとするセージ。

意見を求められるも、言葉につまったセージを見かねて、グリニッジが代弁します。

そこへ遅れてやってきたのは、建築士のペール ロデンと、孫のウィロウ。

字があまり読めないセージを「ボンクラ」「無学」といったウィロウ。

グリニッジから、会合を退席するよう命じられます。

他の参加者からも、自分の陰口を聞き、教養のなさを痛感するセージ。

「元々、グリニッジは、外交使節としてシェブロンに来た」

「グリニッジの母国は、他国に侵攻されて消滅した」

従者のガゾンから、グリニッジの出自について、説明されます。

「今の青の王は、前王の兄だ」とも聞き、ハッとするセージ。

この前、夢で見たことは、過去に起きた出来事なんじゃないかと思い至ります。

ルリと青の王が話す内容の、食い違いが気になりつつ、部屋へ戻ることに。

その後、グリニッジに、2時間もお説教され続けたセージは、ぐったりして庭へ。

そこへ通りかかったウィロウは、さっきのことは関係ないように、普通に話しかけてきます。

青の学士、シアンのすごさについて、熱く語るウィロウ。

セージは、シアンと引き合わせる機会と引き換えに、「税制度」について教えるよう交渉します。

話の流れで「男の人としか寝たことない」と話すと、拒否反応を示すウィロウ。

セージは「気持ち悪い思いをさせて、すみませんでした」と謝り、ウィロウの部屋を出ます。

ウィロウは正直に謝り、お詫びとして、自分の本をセージにあげるのでした。

【5人の王】第15話ネタバレ

王の会合に、参加することになったセージ。

「緑の王として恥じぬよう、振る舞って下さいね?」

会合に参加できないグリニッジから、そんな無言の圧力を受けます。

通りかかった赤の王に「怪我は良くなったんだな」と声をかけられ、そこにパーピュアも合流。

セージが、女性であるパーピュアを気遣う発言をすると、「…女だと気づいていたのか?」と驚きます。

セージと赤の王の、親密そうな様子に、「やっぱり2人は想い合っているのか?」と聞くパーピュア。

「ヴァートの心が俺にないことは、わかっています」

「だけど会えば可愛いと思うし、しあわせになってほしいとも思う」

そう赤の王は答えます。

パーピュアは「無害なつらをして、口説くやつが一番やっかい」とセージに忠告します。

そこへ到着した青の王と、パーピュアの、気心知れたやりとりを、不思議に思うセージ。

「青の王がまだ近衛をしていた頃、前代の紫の王が亡くなって、紫の側女だったパーピュア様が即位されたんだ」

そんな過去の経緯に、セージはびっくりします。

王の会合で、セージが反対意見をいうと、気を悪くしたのか、パーピュアはさっさと宮殿に帰ってしまいます。

心配したセージが追いかけると「拗ねたふりをすれば、追いかけてくると思った」と笑顔を見せるパーピュア。

「なかなかいい作戦だっただろう?」

セージの腕をグッとつかんで、紫の宮殿へと向かうのでした。

【5人の王】第16話ネタバレ

セージを、紫の宮殿へと招待したパーピュア。

「青の王を手玉に取る気はないか?」とセージを悪だくみに誘います。

王同士は、抱き合えば死んでしまうのでしょう?と聞くセージ。

「もしもわたしが、王の誰かを好きになったら、死んでもいいから抱き合いたいと思う」

「そのように相手にも思ってほしい」

パーピュアは、一瞬、悲しげな顔になります。

部屋の中で、サルタイアーの銅貨を見つけたセージに「気に入ったなら、持っていくといい」と手渡します。

何かが引っかかるセージは、カテドラルの地下にいき、銅貨の精霊を確かめることに。

カテドラルの地下にいると突然、「青の王のくせに、どうしようもないぼんくらだな」と話すパーピュアの声がします。

急いで階段をのぼると、扉越しに、エールとパーピュアの、親しげな会話が。

ルリのことを話すパーピュアに、「さっきは知らないと言っていたのに」と不思議に思うセージ。

扉を開けると、部屋には誰もいません。

「前代の青の王とパーピュアは、恋人同士だった…?」

セージは、自分が過去を見ていることに、気づくのでした。

【5人の王】第17話ネタバレ

さっき見た過去から、考えを整理するセージ。

パーピュアと、ルリの様子から「みんな、エール様を覚えていない?」という答えに行き着きます。

カテドラルの骨壺の順番が、ひとつずれていた事から、何かに気づいて走り出すセージ。

「声」を使って、青の宮殿へ侵入し、妹の骨壺を確かめます。

青の王に見つかったセージは、空っぽの骨壺を床に叩きつけ、自分を騙していたことを問い詰めます。

「王が死ねば、カテドラルに納骨する決まりだ」

そう言い放つ青の王に、泣いて恨み言をいうセージ。

「あなたが嫌いだ、一生をかけて憎みます」と言ったセージに、青の王は無理やりキスをします。

「王は死ぬと神獣の姿に戻り、シェブロンに災厄をもたらすと言われている」

「カテドラルから骨を持ち出せば、封印は解けると言い伝えられている」

「おまえも私も、死ねば神獣へと変わる運命になる」

淡々と説明する青の王に、思わずゾッとするセージ。

妹の骨壺については「悪かった」といい、青の王はキスをします。

ひどく泣きながら戻ったセージを見て、心配するグリニッジ。

その様子から、妹の骨壺は、取り返せなかったのだと悟ります。

セージを抱き上げながら「帰りましょう、緑の宮殿へ」と声を掛けます。

自分の不甲斐なさを悔やむセージを、グリニッジは優しく慰めます。

「グリニッジ様の瞳は、青の王と同じ色だけど怖くない…優しい青色だ」と思うセージ。

グリニッジは、セージを緑の王として、支え続けると誓うのでした。

【5人の王】第18話ネタバレ

西方の疫病についての会議に、参加するセージ。

「俺も一緒に西方へ行きます!」と言ったものの、グリニッジは許可せず、会議を打ち切ります。

こっそり視察団の荷馬車に忍びこもうとすると、ウィロウに見つかってしまいます。

セージの本気度を知り、「おれも一緒に行ってやる」と言い出すウィロウ。

また、過去の夢をみたセージは、以前より幼い、青の王とエールを見つけます。

「王になんか、ならなきゃよかった」「兄さんと離れたくない」

泣きじゃくるエールに「3年待てば、領地を立て直して、青の宮殿に行ける」と話しています。

場面は変わり、青の宮殿で話す、エールとシアンの姿が。

そこへ草むらから、紫の羽のティンクチャーがあり、ひどい怪我をしたルリが現れます。

エールから、指輪と「ルリ」という名前をもらい、「勉強して、青の侍女になりたい」と話すのでした。

西方に行く荷馬車の中で、目を覚ましたセージ。

馬車が急に停まったので、ウィロウと耳をそばだてます。

西方から逃げ出した民が、積み荷を奪おうと暴徒化しています。

セージをかばって、斬られるウィロウ。

先発した視察団に参加していたシアンが現れ、窮地を救いますが、シアンも後ろから襲われます。

シアンを助け、その場に現れたのは、青の王だったのでした…!

スポンサードリンク

「5人の王」コミックスはどこで読める?値段は?

chiharu
chiharu

やー面白かったあ…!
「5人の王」はどこで読めるの?

ぷるるん
ぷるるん

書店や、各電子書籍でも配信されてるよ。
3巻はシアンが表紙!

▼初めて買う人は50%分お得!▼
電子書籍最大級のポイント還元

▲最大5000円分のポイントプレゼント!▲

5人の王
  • 1巻:715円
  • 2巻:693円
  • 3巻:713円

【5人の王】コミックスをお得に読む方法

chiharu
chiharu

「5人の王」気になる展開〜!
お得に読む方法はないのかな?

ぷるるん
ぷるるん

それなら、U-NEXTでしょ!

これからご紹介する内容は、コミックスをお得に読めてしまう方法です。

  • 書店に置いてない…
  • できれば無料で読みたい…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】のトライアル期間に登録するだけの方法!

▼31日間お試しトライアル実施中▼
期間内に解約もOK

 初回ポイントで一冊分が読める
▲本だけでなくアニメも一気見放題▲

U-NEXT<ユーネクスト>

「5人の王」コミックス3巻を読んだ感想

ちょっといろんな要素をまとめてみますね。

「王として」の名前
  • 青の王:アジュール
  • 赤の王:ギュールズ
  • 緑の王:ヴァート
  • 紫の王:パーピュア
  • 黒の王:セーブル
chiharu
chiharu

王を継承したら、この名前で呼ばれることになるよ!

ぷるるん
ぷるるん

セージに至っては、「ヒソク」「ヴァート」と呼ばれたり…忙しい!

chiharu
chiharu

15話では、久々に赤の王(推し)が見られて、嬉しかった…!
黒の術師を取り押さえたギュールズ、かっこよかった!

ぷるるん
ぷるるん

あとは、17話の最後で、セージとグリニッジに、フラグ立ったような…!?

私がドSな攻めに、慣れてないからかもしれないけど…青の王がキスするタイミングが、よくわからないよ!???

そして、18話の幼いエールは、セージと似てたんですよね…たまたま?

ウィロウの反応から、「この世界では、男性同士の関係は、当たり前ではない」という事実が発覚。

(それがひとつの嗜みとして、認められてる時代、文化圏もあるので)

悪気はないけど、あんな反応されたら傷つくよね…。

でも、ちゃんと謝るところが、ウィロウのいいところだな、と思いました。

ピンチを救った青の王は、心配で追いかけてきたとしか、思えないんですけど!?

「5人の王」コミックス4巻も楽しみです!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました