【初恋の世界】7巻37話の感想、ネタバレ「160の決断」

初恋の世界
この記事を書いた人
chiharu

横浜在住、アラサーママのchiharuです。夫、保育園に通う娘と3人暮らし。整理収納アドバイザー1級、FP3級を取得。マンガ、美容、ダイエット、スイーツが大好きです♡

chiharuをフォローする

「初恋の世界」とは?

「初恋の世界」は、西炯子さんが連載している少女マンガです。

40歳になった、仲良し4人組の、それぞれの恋愛模様が描かれています。

  • 小松薫:小松くん(カフェ店長)
  • 大浦修子:大浦氏(中学の英語教師)
  • 中松香織:よっさん(専業主婦で2児の母)
  • 黒岩富子:黒岩嬢(食品会社で事務、バツイチ)

女子も40歳ともなると、結婚、出産、離婚、不倫・・・などなど、それぞれ人生経験を積み重ねます。

「初恋の世界」の4人の中に誰かしら、自分に近い人を見つけられるのでは?

私の場合は、結婚して子どもがいるので、よっさんが近いかなと思います。

【初恋の世界】7巻37話の感想、ネタバレ「160の決断」

よっさんの件で、4人があらためて集まることになりました。

仲良し4人組にめずらしく口論になり、特に大浦氏が、いつになく、相手の痛いところばかり指摘します。

そんな中、よっさんは心を整理して、ひとつの決断をすることに。

大浦氏、黒岩嬢、野口さん、よっさん、それぞれの状況

大浦氏の元には、林田から「娘が難病とわかったから、しばらく会えない」とLINEが来ます。

一方、黒岩嬢は、いつもの屋台村で、竹下の父と乾杯して盛り上がっていました。

「うちの息子をよろしく!」とすでに、婚約者扱い。

離婚して、赤ちゃんを連れた野口さんは、しばらく鈴木さんの家にいることに(赤ちゃんは常連夫妻が見てくれる)。

よっさんは娘から「フリンて何?」と聞かれて、白浜とのことが噂で広まっていることを知ります。

日曜、モリノカフェに4人が集まる

日曜、モリノカフェで、薫、黒岩嬢、大浦氏、よっさんが集まることに。

よっさんと白浜との関係や、現在の家庭の状況をひと通り聞いて「…やめたら?その恋愛」という薫。

子どもどうこうじゃなく、よっさんが苦しいことを続けるのはよくない。

相手が他人の夫で、病気だから盛り上がってるけど、恋はいつか冷めるもの。

よっさんが苦しんでるのを知ってて、その人は穏やかでいられるの?

そう、よっさんに問い掛けます。

大浦氏、よっさんに厳しい現実を語る

よっさんに対して「40年生きてるわりには幼いよね」という大浦氏。

「奥さんは愛がなくても、配偶者という立場は手放さない」そう言い切ります。

不倫でも訴えられることはあるし、愛人側は勝てないこと。

「人」を好きなことと、「妻のいる人」を好きなのは全く違うこと。

「あることないこと、悪く触れ回って、ご実家の名前に傷がつけようとするかもしれない」と、よっさん1人の問題じゃすまなくなることを話します。

「好き」だけでは、どうにもならない現実を突きつけられ、戸惑うよっさん。

仕切り直そうとする薫に、突っかかる大浦氏

コーヒーを淹れながら「…みんなで休み合わせて、どっか行かない?」と空気を変えようとする薫。

大浦氏は「さすが小松くん、問題に向き合わないで生きようとするよね」と辛辣な言葉をかけます。

そこから話は、大浦氏の不倫と、薫の今までの恋愛に向かいます。

「5年も報われない不倫して、身動きできない」「そういうことしなきゃ恋愛を語っちゃいけない?」

「小松くんは結婚してない人とうまくいってるからね」「でもどうせ何か障害ができたらいともあっさり手を放すんでしょ」

「そんで『私は縁がない』って泣くんでしょ?あんた一生そうよ!」

お互い、相手の痛いところを指摘し合い、店内は険悪な雰囲気になってしまいます。

黒岩嬢、話を一旦整理する

険悪になったところで、パン!と手を打ち「第1部、これにて終了〜」と空気を変える黒岩嬢。

「今日の議題は、よっさんのこと」「第2部は『これからどうするか』テーマに集中するわよ」と話を整理します。

「ただ話を聞いてほしいだけなら、それでもOK」

「でも何らかの結論を出したいなら、みんながいるこの場を利用したらいい」とよっさんに提案します。

でもどうやって結論を出すのか、と悩むよっさん。

大浦氏は「自分の気持ち、子供、婚姻、世間体、実家」と紙に書き出していきます。

「他は全て失っても、これだけは」と思えるものが、よっさんの結論でしょ、とリストを提示します。

消去法で順番に、シャープペンシルで消していく、よっさん。

婚姻、世間体、実家……「自分の気持ち」と「子供」で手が止まります。

よっさんがどうするのか、固唾を飲んで見守りますが…そこで薫の盛大なお腹の音が鳴り響きます(笑)

せっかくの緊張感が台なしになったところで、一旦、ごはんを食べることに。

小鳥遊のミートボールナポリタンを、4人で食べながら

小鳥遊が店から、ミートボールナポリタンを出前してくれて、おいしさに盛り上がる薫、黒岩嬢、大浦氏。

和んだ雰囲気の中「ま、今この場で決めるなんて、無理だよね」なんて話します。

ところが、よっさんは「…ううん、決める」と涙ながらに決断します。

3人が帰り、モリノカフェの戸締りをする薫。

「…それでいいんだよ」「だって”恋”はいつか…」とつぶやきます。

小鳥遊に聞き返されると、「なんでもなーい!」とバイクの後ろに乗り、ぎゅっとしがみつきます。

…今回はここで終了しています!

アラサーママchiharuが読んでみての感想

薫、大浦氏、よっさん…すごい言いあいでしたね〜!(特に薫と大浦氏)
お互い、相手の痛いところをズバズバ指摘しあって。

ここまで言い合ったら、普通なら縁切れそうですけどね!(笑)うまいタイミングでうまいこと、黒岩嬢がフォローしてくれたりしてね。

黒岩嬢は、竹下といい感じに進んでるから、精神的に余裕あるんだろうな。

大浦氏がピリピリしてましたよね…林田のLINEが原因かな。(難病とかあやしくない??)
今までなら「大人の態度」で流してたのに、余裕なくなってきてる感がありますね。

よっさんは確かに、40という年齢のわりに幼いかも。
ピュアなのが、彼女のいいとこでもあるんだけど、それだけでは、幸せになれないんだなあ…せつない。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました