【青のフラッグ】最終話ネタバレ、考察まとめ

マンガ、ゲーム
この記事を書いた人
chiharu

横浜在住、アラサーママのchiharuです。夫、保育園に通う娘と3人暮らし。整理収納アドバイザー1級、FP3級を取得。マンガ、美容、ダイエット、スイーツが大好きです♡

chiharuをフォローする

「青のフラッグの最終回が気になる!」「結局どんなラストになったの!?」

2020年4月8日に最終回を迎えた「青のフラッグ」のラスト、気になりますよね。

chiharu
chiharu

「青のフラッグ」最終回のあらすじをまとめました!

ぷるるん
ぷるるん

作中ではハッキリとは描かれない部分も、ガチで考察してみたよ!

この記事では、「青のフラッグ」最終回のネタバレと考察が読めますよ。

スポンサードリンク

【青のフラッグ】最終話ネタバレ

高校3年生、受験を経て2年後、二葉と別れた太一。

二葉と再び会えたのは、それから5年後のこと。

渋谷区で暮らす太一は、二葉からの結婚式の招待状を受け取ります。

選んだ未来、そしてその先へ…。

最終回は、終始「とある人物」目線で描かれて、その人物のセリフは一切ありません。

【青のフラッグ】最終話ネタバレ①

二葉の結婚式に参加するため「一ノ瀬」と記入。

ショートカットになった真澄は、夫である「実透みつゆき」を紹介します。

「真澄さーん」と呼ばれ、「ちょっと2人で話してて」とそちらに向かう真澄。

実透は「ボ…ボク変じゃないですかね?」「大丈夫…?」と不安げに聞いてきます。

知り合いがいなくて緊張する、でもそれだけではない、と真澄の方をしきりに気にする実透。

【青のフラッグ】最終話ネタバレ②

「君ならなんとなく、わかってくれない?」「そういうの君たちはない?」と聞いてきます。

双葉は真澄の親友だけど、やっぱりちょっと考えてしまう。

真澄はステキだから、女性といても、男性といても、やきもきしてしまう。

「ボクこういう話できる人いなくて、スミマセン」と謝る実透。

とある人物が「わかる」と何かを伝えると、実透は納得します。

「そうですよね」「彼女はどの女性より、どの男性より、ボクを特別だと選んでくれたのですから」

「まあ…そのせいで自分はどこにも属せなくなったって、よくボヤいてますけど」

そこへ戻ってきた真澄に、驚く実透。

「私の話?」と聞くと「違うよ?」と答えます。

嘘を吐いたと睨む真澄に、必死で謝ったりと、なんだかんだ仲の良い2人。

【青のフラッグ】最終話ネタバレ③

結婚式が始まり、新婦として現れた、ウエディングドレス姿の二葉。

「ありがとう来てくれて」「しょうがないよ、お互いタイミング悪いの相変わらずだなーって」

「今も、真澄ちゃんや2人はね、私の憧れだから」「私も真澄ちゃん達みたいに、私の選ぶ幸せを、この人と一緒に頑張るから」

双葉は、そう笑顔で話します。

結婚式は和やかに行われ、お開きになったのでした。

【青のフラッグ】最終話ネタバレ④

「電車乗った」「じゃあ、駅着くの同じくらいかな」

メッセージアプリで、そうやり取りする2人。

駅で待っていたのは、髪が短くなった、礼服姿の太一。

オメガの結婚式に参加していた太一は、二葉の結婚式の様子を聞いてきます。

「結婚式の日かぶるなんて、相変わらずタイミング悪いよな」

そう言いつつ、オメガの結婚式のケーキは、モンちゃんがつくったと楽しそうに話します。

【青のフラッグ】最終話ネタバレ⑤

「選べ、親友か恋人か」と書かれた映画の看板をみつけた太一。

「これで完結?なつかしー」「でも登場人物の最終的な選択が、どうも合わなくて…」

映画について話しながら「オレの選択も…誰かから見れば…」とつぶやく太一。

「なぁ…もし」「お前だったら」と目を真っ直ぐにみて質問します。

人生は選択の連続。

最善を願い選択しようとも、誰かをキズつけ、自らもキズつき、後悔するかもしれない。

逆に得られた幸福を失いたくないと、次に訪れる選択を恐れるかもしれない。

【青のフラッグ】最終話ネタバレ⑥

「ははっ」「うるせぇよ」

トーマの答えを聞いて、笑顔になる太一。

それでも永遠に選び続けるんだ。

だから願わくば、あまたの選択の先の未来が。

「荷物でかいな、引き出物なんだろ」「冷蔵庫ん中何かあったっけ」「じゃ帰るか」

そういって手を差し出す太一の左薬指には、指輪が。

2人は手を繋ぐのでした。

スポンサードリンク

【青のフラッグ】最終回の考察

chiharu
chiharu

最終回はずっとトーマ目線で、本人のセリフは一切ないの!

ぷるるん
ぷるるん

これは最初、騙された!
最初は太一目線かと思ってたけど、読み返すと明らかに目線が高い!

「青のフラッグ」は行間から読み取る情報が多い作品。

ハッキリ語られることはなく、個々人の想像に任せる部分がとても多いんです。

最終回の考察についてまとめました。

最終回の考察①太一とトーマ

  • 「一ノ瀬」と記入したトーマ
  • 太一とトーマは、指輪をしている
  • 渋谷区のパートナーシップ制度で同棲?

本編では詳しく語られませんでしたが、パートナーになっていた太一とトーマ。

映画の広告をみたトーマは「オレは親友と恋人、どっちも選んだ」と太一に伝えたのかもしれませんね。

最終回の考察②二葉の結婚

前回、二葉からの結婚式の招待状が届いたとき。

「高校時代、純愛してても、大学もあるしね」「別れちゃったんだな」「大人になったら、それも仕方ないよね」

そう解釈してたけど、違っていました。

太一は、いろいろあった末に、トーマを選んだ。

だからこそ、二葉は自分も幸せになる、と決めて、相手を選んだ。

「太一がトーマを選んだ過程もみたい!」という声もありましたが、そこをあえて描かないのが、青のフラッグなのかな、とも思います(笑)

最終回の考察③真澄の結婚

真澄ちゃんの結婚にも、いろんな考えがありました。

  • 真澄ちゃんの夫は、元女性
  • 女性同士で、付き合っていた
  • 性同一性障害で、男性になった

一方、こんな反対意見もありました。

  • 真澄ちゃん夫婦は、同性愛パートナーではない
  • 同性愛者だった真澄が、異性を選んだ
  • だからこその不安

作中でハッキリ語られないからこそ、意見や解釈も分かれるんですよね。

登場人物の言葉や表情から、最大限、読み取ってみました!

  • 「おっ…おと…おっ…」と言葉に詰まる(男と言おうとしてた?)
  • 真澄が「夫」とフォロー
  • 自分の姿が変じゃないか、聞いていた
  • 実透(みつゆき):みゆき?
  • どこにも属せなくなった、の意味

これらを総合すると、「実透とは同性愛だった」「でも実透が男性になり、同性同士ではなくなった」「どこにも属せなくなった」と解釈できるかな?と思います。

最終回の考察④登場人物の未来

最終回で描かれた、それぞれの未来(職業)、わかる範囲でまとめますね。

  • 二葉:結婚
  • 真澄:実透と結婚
  • オメガ:結婚
  • モンちゃん:パティシエ
  • ヨーキー:ゲーム実況の動画クリエイター
  • マミ:美容師
  • 誠也&アキ:子どもが3人、幸せ家族
スポンサードリンク

【青のフラッグ】8巻はどこで買える?値段は?

chiharu
chiharu

「青のフラッグ」8巻はどこで買えるの?

ぷるるん
ぷるるん

各書店や、電子書籍で購入できるよ。
連載終了した作品だから、店頭よりネットが買いやすいかもね。

▼初めて買う人は50%分お得!▼
電子書籍最大級のポイント還元

▲最大5000円分のポイントプレゼント!▲

青のフラッグ
  • 1〜4巻:536円
  • 5、6巻:627円
  • 7、8巻:658円

【青のフラッグ】お得に読む方法

chiharu
chiharu

「青のフラッグ」お得に読む方法はあるのかな?

ぷるるん
ぷるるん

それなら、U-NEXTでしょ!

これからご紹介する内容は、コミックスをお得に読めてしまう方法です。

  • 書店に置いてない…
  • できれば無料で読みたい…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】のトライアル期間に登録するだけの方法!

▼31日間お試しトライアル実施中▼
期間内に解約もOK

 初回ポイントで一冊分が読める
▲本だけでなくアニメも一気見放題▲

U-NEXT<ユーネクスト>

【青のフラッグ】最終話ネタバレ、考察まとめ

いかがでしたか?

「青のフラッグ」最終回の受け止め方は、読んだ人それぞれ。

前回ラストあたりから、いきなりザクザクっと展開が進んで、あれあれ?と思っていたら、そこからのこの展開。

私個人は、驚いたけど、すごくよかったと思います。

理由は、太一もトーマも、二葉も真澄も、みんな幸せそうだったから。

最初は普通の、青春ストーリーだと思っていたので、「トーマが太一を好き」あたりから、どハマりしました。

(BL展開に萌えたとかそういう話ではなく!笑)

chiharu
chiharu

みんな自分の考えを熱く語っていて、この作品のファンの質の高さも、嬉しかった!

ぷるるん
ぷるるん

「人を好きになる」ことを、すごく深く描いた作品だと思うので、ぜひ原作を読んでみてね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました