【薬屋のひとりごと】マンガ7巻、ネタバレ感想

マンガ、ゲーム
この記事を書いた人
chiharu

横浜在住、アラサーママのchiharuです。夫、保育園に通う娘と3人暮らし。整理収納アドバイザー1級、FP3級を取得。マンガ、美容、ダイエット、スイーツが大好きです♡

chiharuをフォローする

「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」が面白いんです!

原作は小説で、コミカライズ版がふたつある、めずらしい作品。

chiharu
chiharu

今回紹介するのは、小学館サンデーGXコミックス。
作画・倉田三ノ路さんです!

この記事を読めば、「薬屋のひとりごと」7巻のネタバレがわかりますよ。

スポンサードリンク

薬屋のひとりごととは

「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」
原作:日向夏(ヒーロー文庫)、キャラクター原案:しのとうこ

小学館サンデーGXコミックス、作画:倉田三ノ路

猫猫、軍師・羅漢と直接対峙…!! 懐妊した玉葉(ギョクヨウ)妃を守るべく再び後宮へと戻った猫猫(マオマオ)に、壬氏(ジンシ)から新たな命令―― それは、「不可能の代名詞とされる“青い薔薇”を園遊会までに咲かせよ」という内容だった。無理難題をけしかけたのは、彼女をつけ回す軍師・羅漢(ラカン)―― それを知った猫猫は、目に物見せんと闘志を燃やす…!! そして、猫猫と羅漢がついに直接対峙することになり!? 超絶ヒットノベルのコミカライズ第七弾! 

「ebookjapan」紹介ページより
ぷるるん
ぷるるん

猫猫の出生と家族の秘密がついに明かされるよ!!

「薬屋のひとりごと」7巻の主な登場人物

  • 猫猫マオマオ:誘拐され後宮に売られた薬屋、今度は壬氏直属の下女に?
  • 壬氏ジンシ:後宮を監督する宦官。イケメンだけど、内面はけっこう腹黒。
  • 羅漢ラカン:狐目に片眼鏡をつけた軍師。猫猫と因縁がある模様?
  • 玉葉妃ギョクヨウひ:上級妃の一人。鈴鹿公主を生み、懐妊の兆しが?
スポンサードリンク

薬屋のひとりごと7巻ネタバレ

玉葉妃の懐妊は、確かなものとなりました。

猫猫は引き続き、毒見役として翡翠宮に滞在することに。

「薬屋のひとりごと」6巻のネタバレはこちら

第27話ネタバレ:青薔薇

園遊会の時期になったものの、玉葉妃は体調のことを考えて欠席に。

楼蘭妃のお披露目のため、席を譲る形としました。

壬氏から「青い薔薇」を依頼された猫猫。

梨花妃の蒸気風呂サウナの蒸気を借りて、温室を作り、時期より早く咲かせようとします。

園遊会当日、青だけでなく、赤、黄、白、桃、黒、紫の薔薇を手渡す猫猫。

残念ながら開花には至らず、くやしそうな表情。

壬氏はねぎらい、疲労と寝不足でフラフラな猫猫を、馬閃に送らせます。

園遊会の中、楼蘭妃の実父、子昌の存在を気にする壬氏。

先帝の母親である女帝の寵愛を受け、今もなお宮中で絶大な影響力を持ちながら、考えの読めない人物。

その後、壬氏は、休んで少し回復した猫猫の元に向かいます。

薔薇の色の秘密を聞くと「白い薔薇の茎を色のついた水につけ、放置しただけ」とのこと。

猫猫は、高順に頼んで、羅漢を呼び出したのでした。

第27話ネタバレ:爪紅

猫猫は、羅漢を呼び出し、将棋で勝負を挑みます。

将棋で負けなしの羅漢に対し、手心はいらない、という猫猫。

羅漢が勝ったら、猫猫は羅漢の子になる。

猫猫が勝ったら、緑青館の妓女を一人、身請けする。

酒に少量の薬を入れ、「三杯分も飲めば毒になる」と説明。

五回勝負、先に勝ったほうが勝ちで、一回勝負がつくごとに敗者が酒を飲む。

どんな理由であっても、試合を放棄したら負け、というルール。

将棋を指しながら、過去のことを思い出す羅漢。

昔から、人の顔の区別が付かなかったが、将棋が強かった。

緑青館に将棋の強い妓女がいると聞き、勝負することに。

妓女と勝負してみると、侮りを見抜かれ、負けてしまいます。

猫猫は二敗したものの、三戦目では羅漢に勝利。

酒を飲んだ羅漢は、将棋盤に頭を打ちつけ、眠ってしまいます。

「ああ…この人、下戸なんです」

「よく知ってたな…」

「それは…こんなんでも一応、父親ですから。」

猫猫の発言に驚く、壬氏と高順。

おそらく羅漢は、猫猫が三杯飲む前に、わざと一敗するはず。

そうすれば下戸なのでつぶれてくれる、というのが狙い。

「これで試合放棄ですね…」「私の勝ちです。」

眠る羅漢に、そう宣言するのでした。

第27話ネタバレ:鳳仙花と方喰

猫猫を生んだ、鳳仙フォンシュンは妓女の誇りだけを固めた女性だった。

会えば、将棋か碁を打っていた羅漢と鳳仙。

人気が出たため、売り惜しみされ、値は吊り上がり、三月に一度会うのが精一杯。

「羅漢さま。たまには賭けをしませんか。」

「あなたが勝ったら、お好きなものを差し上げます。私が勝ったら、好きなものを頂きます。」

似たもの同士の二人は、寝台で抱き合います。

「碁を打ちたい。」

「私も…将棋を打ちたい。」

その後、羅漢の叔父が失脚し、一旦、都から離れることに。

三年後、ようやく戻ってくると、鳳仙からのたくさんの手紙を見つけます。

包みには、鳳仙の指と、小さな指のかけらが。

あわてて緑青館に行ったものの、「鳳仙はもういない」と追い返される羅漢。

羅漢のそばで、花をつむ小さな女の子をみると、小指の先が欠けています。

「猫猫、おいで」

その子を呼んだのは、後宮で医官をしていた、叔父。

恨まれても仕方ないが、それでも猫猫をそばにおきたい、と機会を伺ってきたのでした。

緑青館で気がついた羅漢は、身請けする妓女を選ぶことに。

三美姫の一人で、鳳仙についていた梅梅を選ぶべきか、と考えます。

梅梅が窓を開けると、聞き覚えのある歌声が。

声を頼りに、離れに向かうと、そこには薬指をなくした病人がいます。

「私はこの妓女を身請けするよ。金なら十万でも二十万でも出してやる。」

「彼女じゃないなら誰もいらない…」

羅漢は涙を流しながら、そう言います。

一方、「自分の父は、羅門」だと考えている猫猫。

羅漢に関しては「嫌いではあるけれど、恨んでいない」と話します。

数日後、梅梅から「羅漢が、ある女を身請けした」という手紙が。

一緒に届いた荷物をみて「あ。」と声をあげます。

夜中、壬氏が外へいくと、塀の上に着飾った女性の後ろ姿があったのでした。

スポンサードリンク

薬屋のひとりごと7巻はどこで読める?値段は?

chiharu
chiharu

羅漢は猫猫のパパだったんだね!
「薬屋のひとりごと」はどこで読めるの?

ぷるるん
ぷるるん

書店や電子書籍で、購入できるよ!

chiharu
chiharu

ホントだ!
電子書籍7巻は660円だね。

▼初めて買う人は50%分お得!▼
電子書籍最大級のポイント還元

▲最大5000円分のポイントプレゼント!▲

薬屋のひとりごと
  • 1〜4巻:605円
  • 5〜7巻:660円

「薬屋のひとりごと」お得に読む方法

chiharu
chiharu

「薬屋のひとりごと」続きが気になる〜!
お得に読む方法はないのかな?

ぷるるん
ぷるるん

それなら、U-NEXTでしょ!

これからご紹介する内容は、コミックスをお得に読めてしまう方法です。

  • 書店に置いてない…
  • できれば無料で読みたい…

そんな方にオススメしたいのが【U-NEXT】のトライアル期間に登録するだけの方法!

▼31日間お試しトライアル実施中▼
期間内に解約もOK

 初回ポイントで一冊分が読める
▲本だけでなくアニメも一気見放題▲

U-NEXT<ユーネクスト>

「薬屋のひとりごと」7巻を読んだ感想

猫猫と羅漢の関係が、ついに明らかになりましたね〜!

猫猫の出自
  • 猫猫の父親:羅漢
  • 猫猫の母親:鳳仙(緑青館の妓女)
  • 育ての親:羅門(羅漢の叔父)
chiharu
chiharu

猫猫を妓女として売り出そうとしてたのは、母親と似てるからなんだね!

ぷるるん
ぷるるん

塩対応で万人受けしないものの、一部の好事家から人気だった鳳仙。
確かに似てるかも(笑)

登場人物の謎が、少しずつ明らかになってきましたね。

抱き合いながら「碁を打ちたい」「将棋を打ちたい」と言葉を交わす不器用な二人がよかった…!

それだけに、心と体を病んでしまった鳳仙が、せつなかったなあ。

猫猫の小指も、ほぼ問題なさそうでよかったです。

じわじわと、謎が解かれていくテンポがちょうどいいなと思いますね。

薬屋のひとりごと、8巻も楽しみです!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました