英国・東インド会社の紅茶を飲んでみた感想とオススメの飲み方

【PR】

※当サイトは広告を含む場合があります

ライフスタイル

英国・東インド会社の紅茶を見つけたので飲んでみました!

「英国・東インド会社」とは、1600年にエリザベス1世から特許状を受け誕生した、世界初のグローバルカンパニー。

chiharu
chiharu

「東インド会社」って世界史の教科書にも出てきたやつ!

Founded by Royal Chapter in 1600 by Queen Elizabeth I, The East India Company introduced tea to Britain. Today,The Company’s fine teas reflect Jonathan Swift’s famous remark, “Tea is water bewitched”

英国東インド会社紅茶パッケージより
1600 年にエリザベス 1 世によって王立支部によって設立された東インド会社は、英国に紅茶を紹介しました。現在、同社の高級紅茶はジョナサン・スウィフトの有名な言葉「紅茶は魔法をかけられた水である」を反映しています。(by Google翻訳)

不勉強な私は、今も会社として機能していていて、紅茶を取り扱っていることに驚きました!すごすぎる!

輸入者:株式会社インターデック(東京都港区)

東インド会社の紅茶 ダージリン

  • 原材料名:紅茶(インド)、シングルエステート(単一茶園)
  • 内容量:10袋(25g)
  • 原産国名:イギリス

The East India Company acquired territory in the Darjeeling district after the Nepal War. In 1839, Dr Campbell was appointed Superintendent of the area by The Company and experimented with planting tea in the grounds of his official residence. After 1850, the cultivation area was extended and the success of Darjeeling tea was assured. Grown at a high altitude of more than five thousand feet, this is a tea of the finest qualities.

英国東インド会社「ダージリン」パッケージより
ネパール戦争後、東インド会社はダージリン地区の領土を獲得した。 1839 年、キャンベル博士は会社によってこの地域の監督官に任命され、官邸の敷地内に茶を植える実験を行いました。 1850 年以降、栽培面積は拡大され、ダージリン茶の成功は確実になりました。標高5,000フィート以上の高地で栽培された最高品質のお茶です。(by Google翻訳)

A light tea with earthy notes and a muscatel flavour. Taken without milk or sugar.

英国東インド会社「ダージリン」パッケージより
素朴な香りとマスカットの風味を持つ軽いお茶。ミルクや砂糖を使わずに摂取します。(by Google翻訳)

英国・東インド会社の紅茶「ダージリン」は茶葉がやや細かめのダージリンです。

暑い時期だったので水出しアイスティーにしたところ、ダージリンならではの淡めな水色(黄金色)。

すっきり爽やかな飲み心地で、セカンドフラッシュ〜オータムナルあたりの、まろやかな香りが楽しめます。

chiharu
chiharu

ダージリンなのだけど、少しオリエンタルさを感じる香りと味わいです!

ダージリンですが渋みや苦味もあまり感じないので、飲みやすいのではないかと。

すごく無粋ですが、どの世界でも「老舗=一番おいしい」ではないと思うんです。

このダージリンも十分美味しいんです!けど当然ながら「こだわり抜いた○○農園の旬のダージリン」には敵わないですよね。

最新の技術や素材、トレンドを取り入れた華やかなプロダクトに、昔ながらのものはスペック的には勝てない。

けどそれは、劣っているのではなく、勝負している分野が違うんです。

老舗には、積み重ねた歴史の厚みと重みがあります。時代に合わせて変化させつつも、大事なところは守り抜く。その文化込みで味わうものではないかと。

「あの、英国東インド会社の紅茶を飲んでいるのだ」と思いを馳せながら飲むのがいいと思います・・・!

私のオススメの飲み方:ストレート、アイスティー

英国・東インド会社の紅茶を飲んだ感想まとめ

紅茶オススメの飲み方
ダージリンストレート
アイスティー

「英国・東インド会社」の紅茶ですが、私は明治屋(高級スーパーマーケット)で見つけました。

chiharu
chiharu

個人的に、ティーバッグの内容量が2.5gのブランドは好印象!

普通なら2gが多くて、少ないと1.5gだったりします。2.5gのメーカーはお茶としての味わいを大事にしているように感じます。

英国・東インド会社の紅茶、見つけたらまた少しずつ試していきます!

他にも気になったブランドの紅茶やハーブティーの感想も、合わせてご覧くださいね。

あなたが紅茶やハーブティーを選ぶ際、参考になるかも!?

LUPICIA ルピシア(ノンフレーバード)紅茶の感想

LUPICIA ルピシア(フレーバード)紅茶の感想

LUPICIAルピシア 緑茶、烏龍茶の感想

Janat(ジャンナッツ)紅茶の感想

TWININGS(トワイニング)紅茶の感想

カレルチャペック紅茶の感想

AHMAD TEA(アーマッドティー)紅茶の感想

日東紅茶の感想

TWG TEA(ティーダブリュージー ティー)の感想

KUSMI TEA(クスミティー)の感想

マリアージュフレール紅茶の感想

HIGHER LIVING(ハイアリヴィング)紅茶の感想

CLIPPER(クリッパー)紅茶の感想

Hampstead Tea(ハムステッドティー)紅茶の感想

Afternoon Tea Livingの紅茶の感想

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶の感想

TULLY'S&TEA(タリーズ&ティー)紅茶の感想

WEDGWOOD(ウェッジウッド)紅茶の感想

MINTON(ミントン)和紅茶の感想

ラクシュミー「極上はちみつ紅茶」の感想

シルバーポット紅茶の感想

FAUCHION(フォション)紅茶の感想

IKEA(イケア)オリジナル紅茶の感想

英国・東インド会社の紅茶の感想

POMPADOUR(ポンパドール)ハーブティーの感想

CELESTIAL(セレッシャル)ハーブティーの感想

メスマー ハーブティーの感想

イータリー(EATALY)ハーブティーの感想

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました