シルバーポット紅茶を飲んだ感想とオススメの飲み方

ライフスタイル

何の専門知識もない、素人の紅茶好きが飲んだ、紅茶の備忘録としてまとめていきます。

単なる個人の感想なので、好み含めて独断と偏見で書いております!

順次、思い出した順番に追記していきますね。

シルバーポット紅茶を飲んでみた感想

今まで飲んだ紅茶を、独断と偏見でまとめていきます。

紅茶が好きなだけで、特に専門的な勉強はしていない素人です(苦笑)

chiharu
chiharu

プロ的な観点から「いや、それは違うでしょ!」的なツッコミはご勘弁くださいませ〜!

  • ノンフレーバード派(産地の違いを楽しみたい)
  • でもアールグレイは例外
  • リーフでなく、ティーバッグ派(らくちん)
  • 汲みたての水道水を沸かす
  • きちんとカップを温め、規定時間蒸らす

夏はアイスティーを浴びるように飲み、冬はホットで何杯も飲んでいます。

紅茶のおすすめの飲み方について

紅茶ごとに「私のおすすめの飲み方」を記載していますが、ほとんどが

  • ストレートティー
  • ミルクティー

となっています。

chiharu
chiharu

レモンティーが嫌いなわけではないんです〜!

ただ、家で飲むときにレモンを入れる習慣がないため、ストレート or ミルクの2択になっています(あと、ロイヤルミルクティー)。

ちなみに、

ミルクティー:紅茶をそのまま淹れて、ミルクを入れる
ロイヤルミルクティー:鍋で煮出す(水で紅茶を煮出して、牛乳を追加して温める。割合は主に1:1)
ミルク:成分無調整「牛乳」。乳飲料や低脂肪乳、加工乳は水っぽくなるのでNG。

という意味合いで使っています!

ポーションのいわゆるコーヒーフレッシュや、粉末状のミルクパウダー的なものは使っていません。

紅茶の飲み方について私の考え

紅茶の飲み方は、自由です!

ストレートも、ミルクも、ロイヤルミルクティーも、レモンも、その他アレンジティーも、好きなように楽しんでOK!

それでもあえて「おすすめの飲み方」を書く理由。

それは「○○向き」と書いてある紅茶には、理由があるのですよね。

例えばアッサムCTCは、ミルクティーのために作られた茶葉なので、それをストレートで飲んでも本領を発揮できないわけです。

chiharu
chiharu

例えるなら、博多とんこつラーメンのバリカタの麺を、つけ麺のタレにつけて食べるようなものかなと。

アリっちゃアリで、いけなくはないかもしれない。好きな人もいるかも知れない。

けど、大多数の人にとっては、ベストマッチングではないはず。

麺の形状とスープの組み合わせは、試行錯誤の末に、理由があってああなっているのですよね。

紅茶もそれと同じで、それぞれ個性があって、最適な飲み方がある。

なのでまずは「おすすめ」を試して、それぞれの紅茶の個性を味わってほしいなと思います^^

スポンサードリンク

シルバーポット紅茶

「シルバーポット」の紅茶は誕生日プレゼントでいただいた紅茶です。

ギフトボックスがまた可愛い!アフタヌーンティー行きたくなる(笑)

どの紅茶がいいか、6種類選べたので、まだあまり飲んでいない産地中心に選びました。

  • ダージリン ファーストフラッシュ(インド)
  • ダージリン セカンドフラッシュ(インド)
  • べにふうき(日本)
  • セイロン キャンディ(スリランカ)
  • セイロン ディンブラ(スリランカ)
  • 英徳紅茶(中国)

LUPICIA福袋で「アッサム中心、ミルクティー向き茶葉祭り」だったため、ストレート向きな茶葉を選んでおります(笑)

ダージリンやセイロンティーの飲み比べができるって最高すぎる・・・!!

シルバーポット紅茶は、メッシュタイプの三角型ティーバッグで、ジャンピングしやすい仕様。

  • 茶葉の量:ティーバッグ1個につき2.5g
  • 内容量:5個入り

【淹れ方の目安】ティーバッグ1個に対して、熱湯150〜200mlで2〜5分蒸らす。

シルバーポット紅茶パッケージより
chiharu
chiharu

メッシュタイプの三角ティーバッグで、2.5g入りの紅茶って、基本ハズレがない!(笑)

ティーバッグの茶葉は2g入りが多いので、2.5g入りは、紅茶へのこだわりや愛があるメーカーだなと勝手に思っています。

ダージリンファーストフラッシュ

原産国:インド(ダージリン)

茶葉の形状:茶葉そのものの形が残る、大きめ

若々しい草木の息吹を感じる香り、淡さの中にも春のエネルギーを感じさせる味わいの春積み紅茶です。

シルバーポット楽天店より

言わずと知れた、ダージリン地方のファーストフラッシュ。

水色は薄く、少し緑がかった色合いで、紅茶というより緑茶に近いくらいの色合い。

アッサムの鮮やかなルビー色と比べると、同じインド産紅茶とは思えないくらいです。

爽やかな香りとフレッシュな風味に、渋みが感じられる味わい。

chiharu
chiharu

ワインで言うと、ボジョレーヌーボー的な感じ?

これは好みの問題なのだけど、ダージリン単体の良さって、まだそこまでわからないなあ。

私は「お茶の渋み」があまり得意ではないのかも・・・?

私の味覚がまだまだお子ちゃまということですね、精進せねば!

ダージリンファーストフラッシュは、ストレート一択ですね。繊細な味なので、ミルクを入れたらあかんです。

私のおすすめの飲み方:ストレート

ダージリンセカンドフラッシュ

原産国:インド(ダージリン)

茶葉の形状:茶葉そのものの形が残る、大きめ

こちらは、ダージリン地方のセカンドフラッシュ。

水色はファーストフラッシュと違って、赤みを帯びて紅茶らしい色合いになりました。

よりくっきりと、爽やかさな風味と渋みを感じます。

chiharu
chiharu

程よい渋みで、飲むとスッキリするかも!

嫌いではない、けど「ダージリンが好き!」とまではいかない感じです(笑)

「BAKUMAN」の蒼樹紅さん(美人)はダージリン派なので、「ダージリンが好きです」と言えることに密かに憧れております。

私のおすすめの飲み方:ストレート

べにふうき

原産国:日本

茶葉の形状:茶葉そのものの形が残る、大きめ

静岡県井村園さんの紅茶。馥郁とした桃のようなフルーティーさにうっとり、品種べにふうきの魅力がつまった一品です。

シルバーポット楽天店より

正直、それまでは和紅茶って、あまり興味がなかったんです。

紅茶ではありながらも、どこか緑茶っぽさを感じる味わいなんですよね。

もちろん悪くはないのだけど、私の中でどうしても「緑茶として育ったものを、紅茶に加工した」感が拭えなかったのです(ごめんなさい)。

でも、この「べにふうき」は、私の和紅茶に対する認識を覆してくれました・・・!

桃のようなフルーティーな香り、確かに感じる!!

ふと思い立って、べにふうきの和紅茶を、カステラと一緒にいただいたら・・・。

chiharu
chiharu

何この組み合わせ…!!最強においしい…!!

和菓子(和洋菓子)とのペアリングで、最強に威力を発揮するのが、和紅茶だなと感じました。

カステラ以外なら、例えば、どら焼きにも合うんじゃないかと。

生産者、販売者の皆さま、ぜひ「お菓子とのペアリング」で和紅茶をガンガンすすめてみて下さいませ!!

私のおすすめの飲み方:ストレート(桃のような香り、ぜひ感じてほしい!)

セイロンキャンディ

原産国:スリランカ

茶葉の形状:茶葉そのものの形が残る、大きめ

心地よいウッディさが魅力のスリランカ中地産紅茶。ストレート/ミルクティーともに楽しめるミディアムボディ。

シルバーポット楽天店より
chiharu
chiharu

ちなみに「キャンディ」って飴じゃないのです(笑)

それまでは私の中で、セイロンティーって、可もなく不可もなく、という印象だったんです。

※セイロンティーとは、スリランカの紅茶の総称です。

紅茶の定番として、ダージリンやアールグレイと並んでいるけど、その2つに比べて「これだ!」という個性が感じられない気がして。

でもそれは、私が無知なだけだった・・・本当に。

スリランカの紅茶、面白いです!!

スリランカは主に、高度によって茶葉が分類されるのですが、キャンディは真ん中あたり。

標高主な産地
ハイグロウン
(高地)
1200〜
2000m
ヌバ、ヌワラエリア、
ディンブラ、
ウダプッセラワ
ミディアム
グロウン
(中地)
600〜
1200m
キャンディ
ローグロウン
(低地)
600m以下ルフナ、
サバラガムワ

「グロウン」はgrown、ですね。

色は鮮やかなルビー色で、紅茶らしい色合い。

渋みは全くなく、とてもマイルドで飲みやすい、いい意味でみんながイメージする「紅茶らしさ」が薄い味わい。

ルフナの時も思ったけど、ルイボスとか、そっち寄りのお茶に感じるんですよね。

私はストレート派だなあ〜!でも気分によってミルクを入れても美味しい。

私のオススメの飲み方:ストレート、ミルクティー

みんながイメージする「紅茶の味」とは

最近「紅茶味」「ミルクティー味」というフレーバーも、メジャーになってきましたよね。

お菓子の期間限定味をはじめ、アイスでもよく見かけるようになりました。

でも、紅茶味やミルクティー味って、本来の紅茶の味とは違ってきてるよね?とも感じます(抹茶味も同様)。

「いちご味」も、本物のフレッシュな苺とはかけ離れた味ですが、あれに近い状態。

「紅茶花伝」「午後の紅茶」などのミルクティーを飲んでも、みんながイメージする「ミルクティー味」寄りにしてるなと感じるのです。

chiharu
chiharu

ペットボトル飲料は「紅茶飲料」なのですけどね^^;

紅茶を使った清涼飲料水という位置付けかな?

理由は「多くの人は、そうした方が紅茶らしいと感じるから」だと思います。

ペットボトル飲料は、販売数を伸ばすために、より多くの人に受け入れられる味を目指していますからね。

ただ、ペットボトルの味しか知らないと、本当の紅茶を飲んだとき「え、これが紅茶??」と違和感があるかもしれないなあ、とも思いました。

セイロンディンブラ

原産国:スリランカ

茶葉の形状:細かいブロークン茶葉

スリランカ高地の紅茶。ドライフルーツを思わせる香り、芯のある味わいはミルクティーにもぴったり。

シルバーポット楽天店より

シルバーポット「セイロン ディンブラ」はスリランカ高地で育てられた紅茶です。

今まで飲んだ他の茶葉と違って、これだけ細かく砕かれたブロークン茶葉でしたね。

標高主な産地
ハイグロウン
(高地)
1200〜
2000m
ヌバ、ヌワラエリア、
ディンブラ
ウダプッセラワ
ミディアム
グロウン
(中地)
600〜
1200m
キャンディ
ローグロウン
(低地)
600m以下ルフナ、
サバラガムワ

味わいですが、おもしろいことに、セイロン キャンディと全く違うのです!!(茶葉の形状が違うのもあるけど)

ディンブラ紅茶には、キャンディにはない、適度な渋みを感じます。

紅茶の色は濃いめ、かなり深いルビー色で、同じ渋みを感じる紅茶でもダージリンとは全く違う色合い。

chiharu
chiharu

ストレートで飲むと、ほどよい渋みで気分がスッキリする!

ここにミルクを入れるとあら不思議、渋みは消えて、コクのあるミルクティーに変化するんです!

ディンブラのミルクティーは、アッサムよりも香りが華やかだな、と感じますね。

最初はストレートで飲んで、途中でミルクを入れて、味変するのもおすすめです!

私のオススメの飲み方:ストレート→ミルクティー

英徳紅茶

原産国:中国

茶葉の形状:茶葉そのものの形が残る、大きめ

中国、広東省で作られている紅茶。ややスモーキーな香り、渋み少なくほんのり甘みある味わい、どこかオリエンタルな雰囲気。

シルバーポット楽天店より

飲んでみて感じたのは、やっぱり中国の紅茶は烏龍茶に近い味がする、ということ。

chiharu
chiharu

これを紅茶のプロは「スモーキー、オリエンタル」と表現するのでしょうか?(笑)

日本の和紅茶も、私はどこか「緑茶っぽさ」を感じるのですよね。

産地の気候や風土が、味に与える影響っておもしろいな〜!とつくづく思います。

(中国全土も広いので、また地域によって特色が違うのでしょうが^^;)

烏龍茶のような渋みはなく、飲みやすいので、烏龍茶や中国茶が好きな方におすすめの紅茶です。

お菓子はもちろんですが、烏龍茶みたいに油っこい食事に合わせても、あと口がスッキリしていいかもですね!

私のオススメの飲み方:ストレート

シルバーポット紅茶を飲んでみた結果

紅茶の産地おすすめ
ダージリン
ファーストフラッシュ
ストレート
ダージリン
セカンドフラッシュ
ストレート
べにふうきストレート
セイロン
ディンブラ
ストレート、
ミルクティー
セイロン
キャンディ
ストレート、
ミルクティー
英徳紅茶ストレート

見事にストレートばかりという結果になりました(笑)

ただ、誤解して欲しくないのは「シルバーポットの紅茶=ストレート向き」ではないのです。

私がストレート向き(であろう)紅茶を選んだだけです( LUPICIA紅茶がミルクティー祭りだったため)。

他にもフレーバードティーもたくさんあったので、ぜひ見てみてくださいね。

シルバーポット紅茶を飲んでみた感想まとめ

シルバーポットの紅茶は、メッシュタイプのテトラ型ティーバッグで、茶葉もしっかりぎっしり入ってます。

細かいブロークンタイプではなく、リーフの形が残ってるものが多いので、紅茶を淹れたあと「葉っぱ」の形がしっかり見えるのも嬉しい。

シルバーポットさん自体、「紅茶をしっかり理解して、おいしい茶葉を提供しよう」という姿勢が見えて好感を持てました。

chiharu
chiharu

紅茶好きへのプレゼントにはピッタリではないかと!!

実際、私はもらってめちゃくちゃ嬉しかったし、紅茶を選ぶ時点でワクワクして楽しかった!

楽天市場店もあるので、楽天ユーザーは買いやすいのでぜひ!

気になったブランドの紅茶やハーブティーの感想も、合わせてご覧くださいね。

あなたが紅茶やハーブティーを選ぶ際、参考になるかも!?

LUPICIA(ルピシア)紅茶の感想

Janat(ジャンナッツ)紅茶の感想

トワイニング紅茶の感想

AHMAD TEA(アーマッドティー)紅茶の感想

日東紅茶の感想

TWG TEA(ティーダブリュージー ティー)紅茶の感想

マリアージュフレール紅茶の感想

HIGHER LIVING(ハイアリヴィング)紅茶の感想

Afternoon Tea Livingの紅茶の感想

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶の感想

ラクシュミー「極上はちみつ紅茶」の感想

シルバーポット紅茶の感想

FAUCHION(フォション)紅茶の感想

POMPADOUR(ポンパドール)ハーブティーの感想

CELESTIAL(セレッシャル)ハーブティーの感想

メスマー ハーブティーの感想

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました