トワイニング紅茶を飲んだ感想とオススメの飲み方

ライフスタイル

スーパーでもよく見かける、英国王室御用達「トワイニング」の紅茶を飲んだ、正直な感想を自由に語ります!

※何の専門知識もない、素人の紅茶好きが飲んだ、紅茶の備忘録です。

  • ノンフレーバード派(産地の違いを楽しみたい)
  • でもアールグレイは例外(好き)
  • リーフでなく、ティーバッグ派(らくちん)
  • 汲みたての水道水を沸かす
  • きちんとカップを温め、規定時間蒸らす

夏はアイスティーを浴びるように飲み、冬はホットで何杯も飲んでます。

「トワイニングの紅茶、気になるけどどうなの??」と気になる方はぜひ参考になさってくださいね。

トワイニング紅茶を飲んでみた感想

トワイニング紅茶は、日本では大きく2種類が出回っています。

  • 普通のスーパー(片岡物産)
  • カルディ(丸長株式会社)

カルディに置いてあるものは、輸入者が「丸長株式会社」(ブレンド国:ポーランド)となっていますね。

ただおそらく、どちらも「インターナショナル版」ではないかと思われます(トワイニング紅茶は「英国専用」と「インターナショナル版」が存在する)。

トワイニング イングリッシュ・ブレックファースト

原産国:ケニア、インド、スリランカ

味わい:ミディアム★★★★☆

イギリス人の朝の定番、目覚めの一杯。

イギリスで、1日をスタートさせるためのスイッチとして広く親しまれているブレンドで、バランスのとれたまろやかな味わいが特徴です。お好きな飲み方で楽しめますが、おすすめはミルクティーです。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式イングリッシュブレックファースト

イギリスでは紅茶=ミルクティーなので、ミルクに合うしっかりとした味わいのブレンドですね。

私はケニア産の紅茶って独特の「草っぽさ」を感じるので、単体では苦手です^^;

でも他の紅茶とブレンドして、ミルクを加えると、ちょうどいいバランスになるのですよね。

chiharu
chiharu

イギリス気分で、バターたっぷりのWalkerのショートブレッドに合わせたい!

私のおすすめの飲み方:ミルクティー

トワイニング アールグレイ

原産国:中国、インド

味わい:ライト★★☆☆☆

すっきりと気持ちが晴れ渡るベルガモットの爽やかな香り。

ベルガモット(柑橘類)の爽やかな香りが魅力のアールグレイ。そのブレンド名は、英国首相グレイ伯爵に由来します。ストレートはもちろん、ミルクティーでも香りが引き立ちおすすめです。天気のいい休日、バルコニーのテーブルにアールグレイを用意し、チェアにゆったりと身を預ければ、たちまち至福の時間。太陽の光にキラキラ輝く琥珀色の紅茶、そよ風のような味わいに、気分もリフレッシュします。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式アールグレイ

結構あっさりめのアールグレイなのは、中国産の茶葉を使っているからでしょうか?

片岡物産のトワイニング公式ホームページでは、ミルクティーもおすすめと書いてあり、確かに通常のアールグレイはミルクも合うのだけど。

トワイニングのアールグレイは、ミルクを入れると水っぽくなるので、個人的にはストレートがおすすめです!

chiharu
chiharu

渋みもなく、さらっとごくごく飲めるアールグレイ!

私のおすすめの飲み方:ストレート

トワイニング レディグレイ

原産国:中国、インド

味わい:ライト★★☆☆☆

華やかで気品ある柑橘系の香りで、特別なティータイム。爽やかな「アールグレイ」をベースに、オレンジピールやレモンピールを加えた、トワイニングのオリジナルブレンド。フルーティーで印象的な味わいは、2001年の日本発売以来、安定した人気を誇ります。たとえば、大切な友人を家に招いてのおもてなし。有名パティシエの旬スイーツと、華やかで上品な味わいのレディ グレイがあれば、楽しいティー タイムがさらに特別なひとときになりそうです。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式レディグレイ

ベルガモットの香りがついたアールグレイに、オレンジピール(果皮)やレモンピール(果皮)を加えて、より爽やかにしています。

おそらくですが、リーフのレディグレイには矢車菊が入ってるけど、ティーバッグには入っていない模様・・・残念。

これまたアールグレイ同様、あっさりした味わいの紅茶になっています(フレーバーの香りを生かそうとすると、そうなるのかな?)。

個人的な好みとしては、もう少し紅茶の風味もしっかり感じたいけどなあ。

chiharu
chiharu

これはストレート!

アイスティーも爽やかで良さそう!

私のおすすめの飲み方:ストレート、アイスティー

トワイニング紅茶には本場専用と、インターナショナル版がある!?

トワイニング紅茶のアールグレイ、レディグレイを飲んで

chiharu
chiharu

なんか思ったより、すごくあっさりしてるな?

chiharu
chiharu

英国王室御用達といっても、こんなもんなのかな?(失礼)

と疑問だった私。

英国人の方がトワイニングの紅茶を飲んで「薄い、美味しくない、本当にこれ紅茶?」という感想を抱いたと、Yahoo!知恵袋にて目にしました。

chiharu
chiharu

「ですよね?ちょっと薄いですよね??」と自分の味覚に安心した私(笑)

(紅茶の味の違いについては、硬水と軟水の違いもありそうですが^^;)

トワイニングの紅茶が美味しくないのではなく、どうやら、本場イギリスで売られているものと、日本のものは別物らしいのですね・・・!

  • 英国専用(英国製)
  • インターナショナル版(ポーランド製)

日本で売られているのは主に「インターナショナル版」のトワイニング紅茶で、安価だけど、あまり美味しくないらしい(苦笑)

(インターナショナル版が世に出回っている理由は「利益率が高いから」。なので、そちらを輸入している会社を責める事はできませんね・・・商売ですから)

なので、本場のトワイニング紅茶を飲みたいなら、英国専用のものを並行輸入している、信頼できるお店を見つけるのが良いみたいです。

誤解しないでほしいのは、「インターナショナル版=悪いもの」ではないし、「インターナショナル版を輸入している会社もよくない」と言いたいわけではないのです。

高級品と、お手頃なラインの商品を用意するのって、どこでも普通にある事ですよね?

chiharu
chiharu

欲を言えば、日本でも「プレミアム版」的な立ち位置で、本場専用のトワイニング紅茶を飲めたらなあと思います!

自分の中で「なーんだ、そういう事か〜」と理由を知って、納得したかっただけで、何かを暴こうという意志は全くありません!

そこだけどうぞご承知おきくださいませ!

トワイニング プリンスオブウェールズ

トワイニング ティーバッグ プリンス オブ ウェールズ(2.0g*20袋入)【トワイニング(TWININGS)】

原産国:中国

英国皇太子の名を冠した、スモーキーで優雅なブレンド。

1921年に皇太子・エドワード8世のために作られたパーソナルブレンド。トワイニング社が、皇太子よりその名をブレンド名につける栄誉を賜りました。穏やかな渋みと優雅な香りが、1日をしめくくるイブニングティーにも最適です。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式プリンスオブウェールズ

最初に飲んでみて、いい意味でびっくりしたのが、このプリンスオブウェールズ。

紅茶というより烏龍茶寄りというか、中国茶に近い味わいだったのですよね。

もちろん、緑茶も烏龍茶も紅茶も、もともと同じ茶葉で、発酵度合いの違いによるものなのですが、それを差し引いても全然違った。

産地による茶葉の個性をしっかり感じた、初めての紅茶がこのプリンスオブウェールズでした。

誕生エピソードに皇太子が関わっているのも、何となくときめきます(笑)

chiharu
chiharu

これは断然、ストレートでしょ〜!!

私のおすすめの飲み方:ストレート

トワイニング ゴールデンアッサム

原産国:インド(アッサム)

芳醇で豊かな⾹りと、濃厚でしっかりとしたコクのある味わい、インド北東部、アッサム地方の紅茶。芳醇な香りと深いコク、濃厚な味わいはミルクと大変相性が良く、早起きした少し肌寒い朝などに、たっぷり熱々のミルクティーで目を覚ますのもおすすめです。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式アッサム

トワイニング「ゴールデンアッサム」。個人的には「ミルクティーにするなら、これがシンプルで美味しい!」と思っています。

公式にもあるように、濃厚なコクとまろやかな味わいは、ミルクティーにぴったり。

水色も鮮やかなルビー色で、まさしく紅茶!という佇まい。

私はケニア産とブレンドした紅茶より、アッサム単体の方が好きですね。

chiharu
chiharu

星野リゾート界に行くと、置いてある紅茶は大体これ!

渋みがないのも嬉しい。

私のおすすめの飲み方:ミルクティー

トワイニング ザ フルーツセレクション

「トワイニング ザ フルーツセレクション」は4種のノンカフェインフルーツティー(16ティーバッグ入り)です。

  • ピーチ&オレンジ(4個)
  • ラズベリー&レモン(4個)
  • ミックスベリー(4個)
  • カモミール&オレンジ(4個)
chiharu
chiharu

嬉しい〜!!こんなの待ってた〜!!

フルーツ系のハーブティー好きの私にはたまらないラインナップとなっております。

  • バランスが良い
  • 飲みやすい(酸味や甘みがきつくない)
  • フレーバーが明快でわかりやすい

という印象なので、どれもハーブティー初心者さんにオススメです!

ひとつ難点を挙げるなら、ティーバッグのタグが全部同じなので、個包装を開けると見た目ではわからなくなります(香りで判別可能です!笑)。

私は水出しして冷蔵庫に置いておくので、よく「どの味だっけ?」となります(笑)

トワイニング ピーチ&オレンジ

  • 原材料名:ハイビスカス、ローズヒップ、りんご、バオバブ、チコリの根、オレンジ果皮/香料(もも由来)、甘味料(ステビア)
  • 内容量:2g(1個あたり)

ジューシーなピーチの香りと華やかなオレンジの酸味(ピーチ香料使用)

トワイニング「ピーチ&オレンジ」パッケージより

トワイニング「ピーチ&オレンジ」はオレンジがかった水色の、甘く爽やかなフルーツティーです。

ピーチの香りがしっかり感じられて、ほのかな甘みと酸味とのバランスがよく、とても飲みやすい!

chiharu
chiharu

ピーチ系のフルーツハーブティーってなかなかないから嬉しい…!

フルーツハーブティーの中でも、フルーツ強め&甘めで飲みやすいので、ハーブティー初心者さんにもおすすめです。

甘さは甘味料のステビア由来かと思われますが、そこまでどぎつくはありません(笑)私は水出しアイスティーで楽しみます!

私のオススメの飲み方:アイスティー(水出し)

トワイニング ラズベリー&レモン

  • 原材料名:ハイビスカス、ローズヒップ、ブラックベリーの葉、バラの花弁、レモン果皮、リコリスの根/香料、甘味料(ステビア)
  • 内容量:2g(1個あたり)

甘いラズベリーにレモンが香る、爽やかな味わい(ラズベリー香料使用)

トワイニング「ラズベリー&レモン」パッケージより

トワイニング「ラズベリー&レモン」は赤く鮮やかな水色のフルーツハーブティー。

飲むとガツン!とレモンの風味を感じます。でも酸味はほぼなく、爽やかな味わい。

chiharu
chiharu

甘みもさほど感じないので、さっぱりごくごく飲めます!

ラズベリーの風味はほのかだけど、レモンの爽快感が心地よいので全然OK!

トワイニングのフルーツハーブティーシリーズ、いいじゃない〜!私の中では高評価です!

私のオススメの飲み方:アイスティー(水出し)

トワイニング ミックスベリー

  • 原材料名:ローズヒップ、ハイビスカス、ブラックベリーの葉、レモン果皮、リコリスの根/香料、甘味料(ステビア)
  • 内容量:2g(1個あたり)

ミックスベリーとカシスに爽やかなシトラスの風味がアクセント(ブルーベリー・カシス香料使用)

トワイニング「ミックスベリー」パッケージより

トワイニング「ミックスベリー」は深みのあるルビーの水色で、まさに「ベリー系」といった印象。

ベリーやカシスの風味をはっきり感じますね!酸味はほぼなく、ほんのりとした甘みがあります。

chiharu
chiharu

ベリー&カシス好きにオススメ!

爽やかで美味しい!

トワイニングのハーブティーはどれも明快で、わかりやすい味わいだなと感じます。

原材料から見るに香料由来なのだろうけど、水出しでもしっかり風味が抽出されるのはいいですね!

私のオススメの飲み方:アイスティー(水出し)

トワイニング カモミール&オレンジ

  • 原材料名:カモミール、リンデン/香料(オレンジ由来)、甘味料(ステビア)
  • 内容量:1.5g(1個あたり)

オレンジの甘みと心落ち着くカモミールの香り(オレンジ香料使用)

トワイニング「カモミール&オレンジ」パッケージより

トワイニング「カモミール&オレンジ」は透明感ある黄色の水色のハーブティーです。

水出しアイスティーにしてみると、優しいカモミールの味わいに、オレンジの香りと甘みを感じます。

ホットで淹れてもじんわり温まりそう!

chiharu
chiharu

カモミールミルクティーにしても美味しかったです!

  1. 水100mlを沸騰させる
  2. 火を止めて、ティーバッグ2個を入れ、3分蒸らす
  3. ティーバッグを取り出す(私はぎゅっと絞る)
  4. 牛乳200mlを入れて、沸騰しないよう温める

ティーバッグを絞るのは邪道かもですが、濃いめに抽出したいのでぎゅっと絞ってます。薄いとぼんやりした中途半端な味になるので。

※あまり強く絞ると、ティーバッグが破れて大惨事になるので、ギリギリのラインを見極めてください!

私のオススメの飲み方:アイスティー(水出し)、ストレート、カモミールミルクティー

トワイニング紅茶を飲んでみた感想まとめ

紅茶の種類オススメの飲み方
イングリッシュ
ブレックファースト
ミルクティー
アールグレイストレート
レディグレイストレート、
アイスティー
プリンスオブ
ウェールズ
ストレート
ゴールデン
アッサム
ミルクティー
ピーチ&オレンジアイスティー
(水出し)
ラズベリー&レモンアイスティー
(水出し)
ミックスベリーアイスティー
(水出し)
カモミール&オレンジアイスティー
(水出し)、
ストレート、
カモミールミルクティー

いかがでしたか?

実は以前は「どうせたくさん飲むなら、お得なリプトンや日東紅茶のイエローラベルでいいよね」と思っていたんです。

でも、やっぱり、茶葉の品質や味わいもそれなりだな・・・と(当たり前)。

好きだったはずの紅茶を「ただ消費するために飲む」状態で、正直楽しくなかったんです。

chiharu
chiharu

いい紅茶をいろいろ試したっていいじゃない!

自分に許可を出して、いろんな紅茶を試すようになってから、毎日が楽しくなりました!

ぜひあなたも、いろんな紅茶を試して、一緒に沼にハマりましょう!(笑)

気になったブランドの紅茶やハーブティーの感想も、合わせてご覧くださいね。

あなたが紅茶やハーブティーを選ぶ際、参考になるかも!?

LUPICIA(ルピシア)紅茶の感想

Janat(ジャンナッツ)紅茶の感想

トワイニング紅茶の感想

AHMAD TEA(アーマッドティー)紅茶の感想

日東紅茶の感想

TWG TEA(ティーダブリュージー ティー)紅茶の感想

マリアージュフレール紅茶の感想

HIGHER LIVING(ハイアリヴィング)紅茶の感想

Afternoon Tea Livingの紅茶の感想

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶の感想

ラクシュミー「極上はちみつ紅茶」の感想

シルバーポット紅茶の感想

FAUCHION(フォション)紅茶の感想

POMPADOUR(ポンパドール)ハーブティーの感想

CELESTIAL(セレッシャル)ハーブティーの感想

メスマー ハーブティーの感想

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました