トワイニング紅茶を飲んだ感想とオススメの飲み方

ライフスタイル

何の専門知識もない、素人の紅茶好きが飲んだ、紅茶の備忘録としてまとめていきます。

単なる個人の感想なので、好み含めて独断と偏見で書いております!

順次、思い出した順番に追記していきますね。

紅茶を飲んでみての感想

今まで飲んだ紅茶を、独断と偏見でまとめていきます。

紅茶が好きなだけで、特に専門的な勉強はしていない素人です(苦笑)

chiharu
chiharu

プロ的な観点から「いや、それは違うでしょ!」的なツッコミはご勘弁くださいませ〜!

  • ノンフレーバード派(産地の違いを楽しみたい)
  • でもアールグレイは例外
  • リーフでなく、ティーバッグ派(らくちん)
  • 汲みたての水道水を沸かす
  • きちんとカップを温め、規定時間蒸らす

夏はアイスティーを浴びるように飲み、冬はホットで何杯も飲んでます。

紅茶のおすすめの飲み方について

紅茶ごとに「私のおすすめの飲み方」を記載していますが、ほとんどが

  • ストレートティー
  • ミルクティー

となっています。

chiharu
chiharu

レモンティーが嫌いなわけではないんです〜!

ただ、家で飲むときにレモンを入れる習慣がないため、ストレート or ミルクの2択になっています(あと、ロイヤルミルクティー)。

ちなみに、

ミルクティー:紅茶をそのまま淹れて、ミルクを入れる
ロイヤルミルクティー:鍋で煮出す(水で紅茶を煮出して、牛乳を追加して温める。割合は主に1:1)
ミルク:成分無調整「牛乳」。乳飲料や低脂肪乳、加工乳は水っぽくなるのでNG。

という意味合いで使っています!

ポーションのいわゆるコーヒーフレッシュや、粉末状のミルクパウダー的なものは使っていません。

トワイニング紅茶の感想

トワイニング紅茶は、日本では大きく2種類が出回っています。

  • 普通のスーパー(片岡物産)
  • カルディ(丸長株式会社)

カルディに置いてあるものは、輸入者が「丸長株式会社」(ブレンド国:ポーランド)となっていますね。

おそらくですが、どちらも「インターナショナル版」ではないかと思われます(トワイニング紅茶は「英国専用」と「インターナショナル版」が存在するようです)。

トワイニング イングリッシュ・ブレックファースト

原産国:ケニア、インド、スリランカ

味わい:ミディアム★★★★☆

イギリス人の朝の定番、目覚めの一杯。

イギリスで、1日をスタートさせるためのスイッチとして広く親しまれているブレンドで、バランスのとれたまろやかな味わいが特徴です。お好きな飲み方で楽しめますが、おすすめはミルクティーです。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式イングリッシュブレックファースト

イギリスでは紅茶=ミルクティーなので、ミルクに合うしっかりとした味わいのブレンドですね。

私はケニア産の紅茶って独特の「草っぽさ」を感じるので、単体では苦手です^^;

でも他の紅茶とブレンドして、ミルクを加えると、ちょうどいいバランスになるのですよね。

chiharu
chiharu

イギリス気分で、バターたっぷりのWalkerのショートブレッドに合わせたい!

私のおすすめの飲み方:ミルクティー

トワイニング アールグレイ

原産国:中国、インド

味わい:ライト★★☆☆☆

すっきりと気持ちが晴れ渡るベルガモットの爽やかな香り。

ベルガモット(柑橘類)の爽やかな香りが魅力のアールグレイ。そのブレンド名は、英国首相グレイ伯爵に由来します。ストレートはもちろん、ミルクティーでも香りが引き立ちおすすめです。天気のいい休日、バルコニーのテーブルにアールグレイを用意し、チェアにゆったりと身を預ければ、たちまち至福の時間。太陽の光にキラキラ輝く琥珀色の紅茶、そよ風のような味わいに、気分もリフレッシュします。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式アールグレイ

結構あっさりめのアールグレイなのは、中国産の茶葉を使っているからでしょうか?

片岡物産のトワイニング公式ホームページでは、ミルクティーもおすすめと書いてあり、確かに通常のアールグレイはミルクも合うのだけど。

トワイニングのアールグレイは、ミルクを入れると水っぽくなるので、個人的にはストレートがおすすめです!

chiharu
chiharu

渋みもなく、さらっとごくごく飲めるアールグレイ!

私のおすすめの飲み方:ストレート

トワイニング レディグレイ

原産国:中国、インド

味わい:ライト★★☆☆☆

華やかで気品ある柑橘系の香りで、特別なティータイム。爽やかな「アールグレイ」をベースに、オレンジピールやレモンピールを加えた、トワイニングのオリジナルブレンド。フルーティーで印象的な味わいは、2001年の日本発売以来、安定した人気を誇ります。たとえば、大切な友人を家に招いてのおもてなし。有名パティシエの旬スイーツと、華やかで上品な味わいのレディ グレイがあれば、楽しいティー タイムがさらに特別なひとときになりそうです。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式レディグレイ

ベルガモットの香りがついたアールグレイに、オレンジピール(果皮)やレモンピール(果皮)を加えて、より爽やかにしています。

おそらくですが、リーフのレディグレイには矢車菊が入ってるけど、ティーバッグには入っていない模様。

これまたアールグレイ同様、あっさりした味わいの紅茶になっています(フレーバーの香りを生かそうとすると、そうなるのかな?)。

個人的な好みとしては、もう少し紅茶の風味もしっかり感じたいけどなあ。

chiharu
chiharu

これはストレート!

アイスティーも爽やかで良さそう!

私のおすすめの飲み方:ストレート、アイスティー

トワイニング紅茶には本場専用と、インターナショナル版がある!?

トワイニング紅茶のアールグレイ、レディグレイを飲んで

chiharu
chiharu

なんか思ったより、すごくあっさりしてるな?

chiharu
chiharu

トワイニングってこんなもんなのかな?

と疑問だった私。

英国人の方がトワイニングの紅茶を飲んで「薄い、美味しくない、本当にこれ紅茶?」という感想を抱いたと、Yahoo!知恵袋にて目にしました。

chiharu
chiharu

「ですよね?ちょっと薄いですよね??」と自分の味覚に安心した私(笑)

(紅茶の味の違いについては、硬水と軟水の違いもありそうですが^^;)

トワイニングの紅茶が美味しくないのではなく、どうやら、本場イギリスで売られているものと、日本のものは別物らしいのですね・・・!

  • 英国専用(英国製)
  • インターナショナル版(ポーランド製)

日本で売られているのは主に「インターナショナル版」のトワイニング紅茶で、安価だけど、あまり美味しくないらしい(苦笑)

(インターナショナル版は利益率が高いので、そちらを輸入している会社を責める事はできない・・・商売ですからね)

なので、本場のトワイニング紅茶を飲みたいなら、英国専用のものを並行輸入している、信頼できるお店を見つけるのが良いみたいです。

誤解しないでほしいのは、「インターナショナル版=悪いもの」ではないし、「インターナショナル版を輸入している会社もよくない」と言いたいわけではないのです。

高級品と、お手頃なラインの商品を用意するのって、どこでも普通にある事ですよね?

chiharu
chiharu

欲を言えば、日本でも「プレミアム版」的な立ち位置で、本場専用のトワイニング紅茶を飲めたらなあと思います!

自分の中で「なーんだ、そういう事か〜」と理由を知って、納得したかっただけで、何かを暴こうという意志は全くありません!

そこだけどうぞご承知おきくださいませ!

トワイニング プリンスオブウェールズ

原産国:中国

英国皇太子の名を冠した、スモーキーで優雅なブレンド。

1921年に皇太子・エドワード8世のために作られたパーソナルブレンド。トワイニング社が、皇太子よりその名をブレンド名につける栄誉を賜りました。穏やかな渋みと優雅な香りが、1日をしめくくるイブニングティーにも最適です。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式プリンスオブウェールズ

最初に飲んでみて、いい意味でびっくりしたのが、このプリンスオブウェールズ。

紅茶というより烏龍茶寄りというか、中国茶に近い味わいだったのですよね。

もちろん、緑茶も烏龍茶も紅茶も、もともと同じ茶葉で、発酵度合いの違いによるものなのですが、それを差し引いても全然違った。

産地による茶葉の個性をしっかり感じた、初めての紅茶がこのプリンスオブウェールズでした。

誕生エピソードに皇太子が関わっているのも、何となくときめきます(笑)

chiharu
chiharu

これは断然、ストレートでしょ〜!!

私のおすすめの飲み方:ストレート

トワイニング ゴールデンアッサム

原産国:インド(アッサム)

芳醇で豊かな⾹りと、濃厚でしっかりとしたコクのある味わい、インド北東部、アッサム地方の紅茶。芳醇な香りと深いコク、濃厚な味わいはミルクと大変相性が良く、早起きした少し肌寒い朝などに、たっぷり熱々のミルクティーで目を覚ますのもおすすめです。

片岡物産トワイニング公式ホームページより

トワイニング公式アッサム

個人的には、ミルクティーにするなら、これがシンプルで美味しい!と思っています。

公式にもあるように、濃厚なコクとまろやかな味わいは、ミルクティーにぴったり。

水色も鮮やかなルビー色で、まさしく紅茶!という佇まい。

ケニア産とブレンドした紅茶より、アッサム単体の方が好きですね。

chiharu
chiharu

星野リゾート界に行くと、置いてある紅茶は大体これ!

渋みがないのも嬉しい。

私のおすすめの飲み方:ミルクティー

紅茶の飲み方について私の考え

紅茶の飲み方は、自由です!

ストレートも、ミルクも、ロイヤルミルクティーも、レモンも、その他アレンジティーも、好きなように楽しんでOK!

それでもあえて「おすすめの飲み方」を書く理由。

それは「○○向き」と書いてある紅茶には、理由があるのですよね。

例えばアッサムCTCは、ミルクティーのために作られた茶葉なので、それをストレートで飲んでも本領を発揮できないわけです。

chiharu
chiharu

例えるなら、博多とんこつラーメンのバリカタの麺を、つけ麺のタレにつけて食べるようなものかなと。

アリっちゃアリで、いけなくはないかもしれない。好きな人もいるかも知れない。

けど、大多数の人にとっては、ベストマッチングではないはず。

麺の形状とスープの組み合わせは、試行錯誤の末に、理由があってああなっているのですよね。

紅茶もそれと同じで、それぞれ個性があって、最適な飲み方がある。

なのでまずは「おすすめ」を試して、それぞれの紅茶の個性を味わってほしいなと思います^^

トワイニング紅茶まとめ

いかがでしたか?

実は以前は、「どうせたくさん飲むなら、お得なリプトンや日東紅茶のイエローラベルでいいよね」と思っていたんです。

でも、やっぱり、ティーバッグ内の茶葉が少なかったり、味わいや品質もそれなりだな・・・と(当たり前)。

好きだったはずの紅茶を「ただ、消費するために飲む」みたいになっていました。

chiharu
chiharu

いい紅茶をいろいろ試したっていいじゃない!

自分に許可を出して、いろんな紅茶を試すようになってから、毎日が楽しくなりました!

ぜひあなたも、いろんな紅茶を試して、一緒に沼にハマりましょう!(笑)

LUPICIA紅茶の感想

ジャンナッツ紅茶の感想

シルバーポット紅茶の感想

カレルチャペック紅茶その他の感想

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました