メスマーのハーブティーを飲んだ感想とオススメの飲み方

ライフスタイル

カルディなど輸入食品のお店で見かける「メスマー」のハーブティー。

chiharu
chiharu

ポンパドールと同じく、ドイツのメーカーですね!

25TB(ティーバッグ)入りかつ、お手頃なお値段なので、ハーブティー好きなら手に取った方も多いのでは?

順次、メスマーのハーブティーを飲んだ感想を追記していきますね。

メスマーのハーブティーを飲んでみた感想

メスマーのハーブティー、公式の美味しい淹れ方はこちらです。

ティーバッグ1袋と沸騰したてのお湯200mlをカップに注ぎ、6分蒸らしてからお召し上がりください。

メスマーハーブティーパッケージより

夏は水出しハーブティーにしても、かんたんに美味しくいただけますよ!

  • ティーバッグ1つにつき、200mlの水
  • 水道水でなく、美味しいお水を使う
  • 冷蔵庫で一晩おく(8〜10時間)

メスマー ローズヒップ

  • 原材料名:ローズヒップ、ハイビスカス、スイートブラックベリーリーフ
  • 内容量:75g(25袋)
  • 原産国:ドイツ

ローズヒップのフルーティーな酸味にブラックベリーリーフの上品な甘み、ハイビスカスの華やかな香り重なる深紅のハーブティー。さっぱりしているのでおやつ時やケーキなどデザートのお供に。

三菱食品「メスマー」紹介ページより

メスマー「ローズヒップ」はさっぱりとした酸味を感じる、爽やかなハーブティーです。

chiharu
chiharu

鮮やかな赤い水色を楽しむためにも、グラスでいただくのがオススメです!

ローズヒップとハイビスカスって、美容にいい事してる感があるのもポイント高いです(笑)

「メスマーならでは」を感じる商品ではないけど、ローズヒップ&ハイビスカスをシンプルに楽しめる一品。

私はホットよりもアイス派で、水出ししたものを朝に飲むのがお気に入り!爽やかな酸味でシャキッと目覚める感じがします。

私のオススメの飲み方:アイスティー(水出し)

メスマー カモミール

  • 原材料名:カモミール
  • 内容量:37.5g(25袋)
  • 原産国:ドイツ

青りんごのようなやさしい香りとほのかな苦味が特徴のハーブティー。おやすみ前やリラックスしたいときにおすすめ。

三菱食品「メスマー」紹介ページより

メスマーの「カモミール」は、カモミールを単体で味わいたい方にオススメです。

chiharu
chiharu

混じりっけなし、シンプルなカモミールティーです!

25TB入りとコスパが良いので、好きなだけ飲めちゃいます!(笑)

カモミールはリラックス効果が高く「体を労ってる感」があるので、ホットの方が美味しく感じます。

私はカモミールミルクティーが好きなので、お鍋でミルクティーを作っちゃいますね。甘みを足すなら、ぜひはちみつで!

私のオススメの飲み方:カモミールミルクティー(ホット)

メスマー ペパーミント

  • 原材料名:ペパーミント
  • 内容量:56.25g(25袋)
  • 原産国:ドイツ

ミントの爽やかな香りが特徴の清涼感あふれるハーブティー。脂っこい食事の後やリフレッシュしたいときに。

三菱食品「メスマー」紹介ページより

メスマー「ペパーミント」はミントが爽やかなハーブティー。なのですが・・・

chiharu
chiharu

私はペパーミント単体は苦手だと判明…!

自分の中で「歯磨き茶」という印象が強く、甘くしても「甘い歯磨き茶」にしかならない(好きな方すみません)。

「自分はペパーミント単体は得意ではない」という事を学べた、貴重な経験だったなと・・・ブレンドされてるのは平気なのですけど!

ホットで強行で飲み切りましたが(苦笑)、夏に水出ししたり、ティーソーダにしたら爽やかでよかったのかも!

私のオススメの飲み方:水出しアイスティー、ティーソーダ

メスマー ミックスフルーツ

  • 原材料名:ハイビスカス、ローズヒップ、オレンジピール、りんご、レモンピール、エルダーベリー(一部にオレンジ、りんごを含む)
  • 内容量:3g×25袋
  • 原産国:ドイツ

2種類のハーブに4種類のフルーツをミックスした、深紅の色とフルーティーな酸っぱさが特徴のハーブティー。お湯出しはもちろん、水出しでもおいしく召し上がれます。

三菱食品「メスマー」紹介ページより

メスマーのローズヒップ、カモミール、ペパーミントは定番商品として、カルディにほぼ置いてあります。

でもこの「ミックスフルーツ」はたまにしか見かけない!

という事でワクワクしながら買ってみましたが、あれ・・・?思ったよりフルーツを感じない(苦笑)

chiharu
chiharu

ハイビスカスやローズヒップが前面に来てる感じですね!

酸味が爽やかで、普通に美味しいんです!!が、ハイビスカスやローズヒップを飲んでるのとあまり変わらなかったですね。

オレンジピール、りんご、レモンピール、エルダーベリーなど、色々入ってはいるのですが、ハイビスカスとローズヒップの強さに打ち消されてしまったような(笑)

美味しいけど、もうちょっとフルーツを感じたかったな〜、というのが正直な感想でした。

私のオススメの飲み方:水出しアイスティー

メスマー ハーブミックス

  • 原材料名:ハイビスカス、レモングラス、ブラックベリーリーフ、ローズヒップ、ペパーミント、レモンバーベナ
  • 内容量:50g(2g×25袋)
  • 原産国:ドイツ

ペパーミントやレモングラスの清涼感あるハーブにローズヒップ、ハイビスカスのフルーティーな香りを加え、ブラックベリーやレモンバーベナでバランスよく仕上げた、香り高く深い味わいのハーブティー。

三菱食品「メスマー」紹介ページより

見た目はハイビスカス系の赤い水色ですが、飲んでみるとほぼ酸味はなく、レモングラスやペパーミントの爽やかさを感じます。

chiharu
chiharu

とにかくハーブの配合バランスが良くて飲みやすい!

ハイビスカスやローズヒップが強いものだと、酸っぱくて飲みづらい時もあるのですが、そんな感じは全くなし。全てのハーブが調和して、うまく共存してる感じ。

いい意味でハーブが濃すぎず、サラッとしてるのでごくごく飲めちゃいます!(氷を入れると薄く感じるかも)

個人的には、ミックスフルーツより断然、ハーブミックス派です!

私のオススメの飲み方:アイスティー(水出し)

メスマーのハーブティーを飲んでみた感想まとめ

ハーブティーオススメの飲み方
ローズヒップアイスティー
(水出し)
カモミールカモミール
ミルクティー
ペパーミントアイスティー
(水出し)、
ティーソーダ
ミックスフルーツアイスティー
(水出し)
ハーブミックスアイスティー
(水出し)

メスマーのハーブティーはとにかく、コスパが良い!

ブランドとしての立ち位置も、同じドイツのメーカーである「ポンパドール」と違っていて、面白かったですね。

chiharu
chiharu

私の推しはハーブミックスです!

カルディで見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

気になったブランドの紅茶やハーブティーの感想も、合わせてご覧くださいね。

あなたが紅茶やハーブティーを選ぶ際、参考になるかも!?

LUPICIA(ルピシア)紅茶の感想

Janat(ジャンナッツ)紅茶の感想

トワイニング紅茶の感想

AHMAD TEA(アーマッドティー)紅茶の感想

日東紅茶の感想

TWG TEA(ティーダブリュージー ティー)紅茶の感想

マリアージュフレール紅茶の感想

HIGHER LIVING(ハイアリヴィング)紅茶の感想

Afternoon Tea Livingの紅茶の感想

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶の感想

シルバーポット紅茶の感想

FAUCHION(フォション)紅茶の感想

POMPADOUR(ポンパドール)ハーブティーの感想

CELESTIAL(セレッシャル)ハーブティーの感想

メスマー ハーブティーの感想

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました