クイーンズ伊勢丹のオリジナル紅茶を飲んだ感想とオススメの飲み方

ライフスタイル

何の専門知識もない、素人の紅茶好きが飲んだ、紅茶の備忘録としてまとめていきます。

単なる個人の感想なので、好み含めて独断と偏見で書いております!

クイーンズ伊勢丹にて、PB(プライベートブランド)商品の紅茶を発見!

順次、思い出した順番に追記していきますね。

クイーンズ伊勢丹の紅茶を飲んでみた感想

クイーンズ伊勢丹プライベートブランドの紅茶を、独断と偏見でまとめていきます。

紅茶が好きなだけで、特に専門的な勉強はしていない素人です(苦笑)

chiharu
chiharu

プロ的な観点から「いや、それは違うでしょ!」的なツッコミはご勘弁くださいませ〜!

  • ノンフレーバード派(産地の違いを楽しみたい)
  • でもアールグレイは例外
  • リーフでなく、ティーバッグ派(らくちん)
  • 汲みたての水道水を沸かす
  • きちんとカップを温め、規定時間蒸らす

夏はアイスティーを浴びるように飲み、冬はホットで何杯も飲んでます。

紅茶のおすすめの飲み方について

紅茶ごとに「私のおすすめの飲み方」を記載していますが、ほとんどが

  • ストレートティー
  • ミルクティー

となっています。

chiharu
chiharu

レモンティーが嫌いなわけではないんです〜!

ただ、家で飲むときにレモンを入れる習慣がないため、ストレート or ミルクの2択になっています(あと、ロイヤルミルクティー)。

ちなみに、

ミルクティー:紅茶をそのまま淹れて、ミルクを入れる
ロイヤルミルクティー:鍋で煮出す(水で紅茶を煮出して、牛乳を追加して温める。割合は主に1:1)
ミルク:成分無調整「牛乳」。乳飲料や低脂肪乳、加工乳は水っぽくなるのでNG。

という意味合いで使っています!

ポーションのいわゆるコーヒーフレッシュや、粉末状のミルクパウダー的なものは使っていません。

クイーンズ伊勢丹の紅茶を飲んでみた

スーパーごとに紅茶のラインナップは違っていて、すごく面白い。

クイーンズ伊勢丹ではオリジナル商品の紅茶も作っていて「最高か!?」と興奮した私。

ラインナップ豊富で、しかもティーバッグ10個入りで300円〜(税別)とか、安くない・・・??(こだわった品質のいい紅茶としては、という意味)

chiharu
chiharu

思わぬ掘り出し物を発見した気分!!

クイーンズ伊勢丹のネットショップでも購入できます。

クイーンズ伊勢丹ネットショップ

紅茶の製造者は、東京都八王子にある「珈琲実験室」。オイシックスでも紅茶やハーブティーを販売しています。

ティーバッグの形状テトラバッグ
素材メッシュ
茶葉の量2.5g

茶葉の量も多く、ジャンピングしやすいテトラバッグ型なのは、ポイント高いですね!

紅茶の蒸らし時間は2〜3分となっています。

キャラメルショコラフレーバーティー

原産地:インド(アッサム)

ミルクキャラメルとミルクチョコレートのフレーバーをコク豊かなアッサム茶葉にのせました。甘く、ほろ苦い風味はミルクティーに最適です。

「キャラメルショコラフレーバーティー」パッケージより

クイーンズ伊勢丹のオリジナル紅茶は、フレーバードティーが多くなっています。

普段、自分ではアールグレイ以外のフレーバードティーはほぼ買わない私。

主人
主人

用事があるから、ついでにクイーンズ伊勢丹で買ってくるよ〜!

chiharu
chiharu

ありがとう〜!じゃあアッサムとチャイ2種類、お願い〜!

とこちらのアッサムをお願いしたところ。

主人
主人

ごめん、アッサムなかったから、代わりにこれにした!

と代わりに買ってきてくれたのが「キャラメルショコラフレーバーティー」でした。

試しに飲んでみたところ、これが予想以上においしかった!!!

ジャンナッツ含め、今まで飲んできたフレーバードティーって、セイロン茶葉が多かったのですが、これはアッサム茶葉を使用。

chiharu
chiharu

紅茶のコクがしっかり感じられて、美味しいい〜!

キャラメルショコラの甘い香り、そして紅茶自体にコクがあるので、ミルクティーとしての飲みごたえもばっちり!

そこまで期待してなかっただけに(笑)思わぬ大ヒットになったのでした。

私のおすすめの飲み方:ミルクティー

高級な紅茶はフレーバードティーが多い?

百貨店で高級な紅茶を見てみると、フレーバードティー専門店であることがほとんどです。

百貨店にある紅茶のお店は、フランスのおしゃれなお店が多いんですよね(マリアージュフレールとか)。

  • 百貨店にある高級な紅茶はフランス発が大半
  • フランスはフレーバードティーが多い
  • 高級な紅茶=フレーバード、というイメージ

という流れに乗って、クイーンズ伊勢丹でもフレーバードティーが多めなのかな、と推察しました。

あと、味の違いは、紅茶の経験値がないとわからないけど、香りの違いや良さは、誰にでもわかる。

そんな分かりやすさもあって、フレーバードティーが重宝されているのかもしれませんね。

アールグレイ クラシック

原産地:中国

キーモン紅茶を使用したクラシックスタイルのアールグレイティーです。茶葉のスモーキーな味わいにベルガモットの爽やかな香りが心地よく広がります。

「アールグレイクラシック」パッケージより

クイーンズ伊勢丹「アールグレイクラシック〜キーモン茶にベルガモットの香り〜」。

ティーバッグの中は茶葉の形が残っていて大きめで、細かいブロークンタイプではありません。

まずは、クイーンズ伊勢丹ブランドは、アールグレイが2種類ある事に感動・・・!!

chiharu
chiharu

キーモン紅茶のアールグレイってめずらしい!

紅茶専門店ならともかく、そうでないブランドのラインナップとしては素晴らしいなと。

パッケージを開けると、アールグレイの爽やかな香りが広がります。

淹れて飲んでみると、中国の茶葉ならではの軽やかなアールグレイ、という印象。

中国の茶葉ならではの、スモーキーな香りも感じられますね。

(私が「烏龍茶っぽい」と感じる風味を、お茶の世界では「スモーキー」と表現するのだと、ようやく分かってきました)

このアールグレイの香りすごく好みなのに、淹れると香りが弱いのは残念。

ストレートでごくごく飲めるタイプのアールグレイですね。

私のオススメの飲み方:ストレート

アールグレイ オリジナル

原産地:スリランカ

ベルガモットの果皮から圧搾したエキスを使用したフレーバーティーです。※圧搾由来の成分によりチャックが硬くなることがありますが、品質に問題ございません。

「アールグレイオリジナル」パッケージより

クイーンズ伊勢丹「アールグレイオリジナル〜ウバ茶にベルガモットの香り〜」。

「アールグレイクラシック」とは異なり、茶葉は細かめでアールグレイの香りもしっかり感じます。

chiharu
chiharu

「オリジナル」はアールグレイの香りがしっかり来る!

ここでようやく気づいたのです・・・「アールグレイオリジナル」はミルクティー向きの作りなのですよね。

アールグレイが何種類かある場合は、ストレート向きとミルクティー向きで分けられています(ルピシア、TWG TEAもそうだった)。

「アールグレイクラシック」はキーモン紅茶の風味を生かし、ストレートで飲むためにあえて香りを弱くしているのだろうなと。

「アールグレイクラシック」と「アールグレイオリジナル」の違いはこちらです。

クラシックオリジナル
キーモン茶ウバ茶
茶葉大きめ茶葉細かめ
香り弱め香りしっかり
ストレート
向き
ミルクティー
向き

けっこう明確に違いをつけてあるので、「同じアールグレイでもこんなに違うんだ!」と感じますよ。こういうのに気づけると楽しい^^

私のオススメの飲み方:ミルクティー

ジンジャーチャイ

原産地:インド(アッサム)

原材料:紅茶(インド)、シナモン、ショウガ/香料

茶葉の形状:細かいブロークンタイプ(CTCではない)

生姜の風味と甘いシナモンの香りが心地よい紅茶です。コクのあるアッサム茶葉を使用しているので、ミルクティーにも最適です。

「ジンジャーチャイ」パッケージより

クイーンズ伊勢丹「ジンジャーチャイ」〜生姜とシナモンでぽかぽか〜。

乾燥させた細かい生姜が、ちゃんとティーバッグ内に入っていますね。

何が嬉しいって、クイーンズ伊勢丹ブランドって、チャイが2種類あるんですよ・・・!!

chiharu
chiharu

チャイの飲み比べができるって最高すぎる!!

ジンジャーチャイは煮出すと、生姜とシナモンのスパイシーな香りが広がります。

生姜の風味はしっかりしますが、味はそこまでピリッとした感じはないので、辛いのが苦手な方でもチャイを楽しめます。

ひと手間かけて鍋で煮出した方が、断然おいしいチャイができますので、ぜひ!!

熱湯で淹れると薄くてぼやけるので、紅茶をしっかり濃く煮出して濃厚なチャイにしましょう。

私のオススメの飲み方:チャイ(鍋で煮出す)

チャイティー

原産地:インド(アッサム)

原材料:紅茶(インド)、カルダモン、クローブ

茶葉の形状:細かいブロークンタイプ(CTCではない)

インド産アッサム紅茶を使用した、スパイシーな味わいをお楽しみいただけるチャイです。お好みでミルクと砂糖を加えるだけで美味しいマサラチャイに。

「チャイティー」パッケージより

クイーンズ伊勢丹「チャイティー」〜程よいスパイス感はミルクティーで〜。

砕かれたカルダモンやクローブは大きめなので、目視で存在を確認できます。

鍋で煮出すと、クローブのスパイシーな香りがアクセントになって、これまたよき!!

chiharu
chiharu

ジンジャーチャイとはまた違って、これまた美味しい〜!

カルダモンの豊かな香りとマッチして、おうちカフェ時間がワンランクアップします。

スパイスをいろいろ配合するのもいいけど、シンプルな組み合わせで、個々の存在感を引き立たせるのもすごく良いですね。

クイーンズ伊勢丹の「ジンジャーチャイ」と「チャイティー」は、これまで飲んだチャイ用ティーバッグで一番好き。

マイルドな風味のチャイよりも、ガツンとスパイスを感じるチャイが、個人的に好みですね!

シナモンが苦手な方でも、こちらならチャイを楽しめますよ。

私のオススメの飲み方:チャイ(鍋で煮出す)

ローズヒッププラス

原材料名:オレンジピール(パラグアイ)、ローズヒップ、ハイビスカス、ネトル、ローズレッド

内容量:2g

酸味のあるローズヒップを飲みやすく、香りよくブレンドしました。赤い水色が美しくローズの上品な香りが広がる甘酸っぱいハーブティーです。

「ローズヒッププラス」パッケージより

クイーンズ伊勢丹「ローズヒッププラス」は、店頭にて4袋入り170円(たしか)のミニサイズを発見!

少量から、気軽に試せるのはうれしい!(他の紅茶もいくつかミニサイズがありました)

メッシュのティーバッグを通して、大きめサイズの各種ハーブが見えて、気分がアガります!

chiharu
chiharu

ハーブティーというだけで、女子力と美容に効く気がする…!

ローズヒッププラスを飲んでみると、酸味はほぼ感じず、バランスよくとても飲みやすい印象。

ローズヒップやハイビスカスなど、赤系のハーブティーは「酸っぱい!!」と感じるものもあるけど、これは全然平気。

マイルドで飲みやすい分、ガツンとハーブを感じたい上級者には物足りないかも。ハーブティー初心者さんの入門編におすすめです。

ハーブティーなのでストレートで、お好みではちみつを加えても。

水出し用に、ポンとティーバッグを入れると、すぐに赤い色がゆらゆらと抽出される様が、とってもキレイなのですよね・・・!

私のオススメの飲み方:ストレート(ホット、アイス、水出し)

クイーンズ伊勢丹の紅茶を飲んでみた感想まとめ

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶について、また随時追記していきます!

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶は「わかってる〜!」と思える紅茶が多い印象でした。

  • チャイが2種類
  • アールグレイも2種類
  • キャラメルショコラフレーバーティーの茶葉がアッサム

そこそこクオリティの高い紅茶を、10個入り300円〜って、本当にコスパがいいと思います。

私もこれからまた試していきます!

気になったブランドの紅茶やハーブティーの感想も、合わせてご覧くださいね。

あなたが紅茶やハーブティーを選ぶ際、参考になるかも!?

LUPICIA(ルピシア)紅茶の感想

Janat(ジャンナッツ)紅茶の感想

トワイニング紅茶の感想

AHMAD TEA(アーマッドティー)紅茶の感想

日東紅茶の感想

TWG TEA(ティーダブリュージー ティー)紅茶の感想

HIGHER LIVING(ハイアリヴィング)紅茶の感想

クイーンズ伊勢丹オリジナル紅茶の感想

シルバーポット紅茶の感想

カレルチャペック、ひしわ、FAUCHION紅茶の感想

POMPADOUR(ポンパドール)ハーブティーの感想

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました