ジャンナッツ紅茶を飲んだ感想とオススメの飲み方

ライフスタイル

何の専門知識もない、素人の紅茶好きが飲んだ、紅茶の備忘録としてまとめていきます。

単なる個人の感想なので、好み含めて独断と偏見で書いております!

順次、思い出した順番に追記していきますね。

ジャンナッツ紅茶の感想

今まで飲んだ紅茶を、独断と偏見でまとめていきます。

紅茶が好きなだけで、特に専門的な勉強はしていない素人です(苦笑)

chiharu
chiharu

プロ的な観点から「いや、それは違うでしょ!」的なツッコミはご勘弁くださいませ〜!

  • ノンフレーバード派(産地の違いを楽しみたい)
  • でもアールグレイは例外
  • リーフでなく、ティーバッグ派(らくちん)
  • 汲みたての水道水を沸かす
  • きちんとカップを温め、規定時間蒸らす

夏はアイスティーを浴びるように飲み、冬はホットで何杯も飲んでます。

紅茶のおすすめの飲み方について

紅茶ごとに「私のおすすめの飲み方」を記載していますが、ほとんどが

  • ストレートティー
  • ミルクティー

となっています。

chiharu
chiharu

レモンティーが嫌いなわけではないんです〜!

ただ、家で飲むときにレモンを入れる習慣がないため、ストレート or ミルクの2択になっています(あと、ロイヤルミルクティー)。

ちなみに、

ミルクティー:紅茶をそのまま淹れて、ミルクを入れる
ロイヤルミルクティー:鍋で煮出す(水で紅茶を煮出して、牛乳を追加して温める。割合は主に1:1)
ミルク:成分無調整「牛乳」。乳飲料や低脂肪乳、加工乳は水っぽくなるのでNG。

という意味合いで使っています!

ポーションのいわゆるコーヒーフレッシュや、粉末状のミルクパウダー的なものは使っていません。

紅茶の飲み方について私の考え

紅茶の飲み方は、自由です!

ストレートも、ミルクも、ロイヤルミルクティーも、レモンも、その他アレンジティーも、好きなように楽しんでOK!

それでもあえて「おすすめの飲み方」を書く理由。

それは「○○向き」と書いてある紅茶には、理由があるのですよね。

例えばアッサムCTCは、ミルクティーのために作られた茶葉なので、それをストレートで飲んでも本領を発揮できないわけです。

chiharu
chiharu

例えるなら、博多とんこつラーメンのバリカタの麺を、つけ麺のタレにつけて食べるようなものかなと。

アリっちゃアリで、いけなくはないかもしれない。好きな人もいるかも知れない。

けど、大多数の人にとっては、ベストマッチングではないはず。

麺の形状とスープの組み合わせは、試行錯誤の末に、理由があってああなっているのですよね。

紅茶もそれと同じで、それぞれ個性があって、最適な飲み方がある。

なのでまずは「おすすめ」を試して、それぞれの紅茶の個性を味わってほしいなと思います^^

スポンサードリンク

ジャンナッツ紅茶を飲んでみた

カルディに置いてある「ジャンナッツ」の紅茶。

フランスの会社なので、フレーバーティーを得意としています。

イギリスとフランスって文化も違うし、お菓子もタイプが全然違います(イギリスは家庭的でどっしり甘い、フランスは華やかで技巧を凝らした感じ)。

その違いが紅茶にも出ていて、面白いな〜と思います!

ジャンナッツの50TB入りは、基本「アイスティー用」として購入しています。

ジャンナッツ アールグレイ

原産国:スリランカ

スリランカ産のディンブラをベースに、天然由来の香料で香り付けしたJANAT(ジャンナッツ)のアールグレイティーバッグです。茶葉のフレッシュな状態をより長く保てるアルミ個包装タイプ。紅茶としてお飲みいただくだけでなく、クッキーやケーキなど製菓材料としても。

カルディ公式サイトより

カルディ「ジャンナッツ」アールグレイ

夏のアイスティー用ティーバッグのひとつ。

暑い時期、アイスティーをガバガバ飲むので、コスパよく、そこそこの品質のティーバッグはありがたい存在。

今回、ホットで淹れてみましたが、アールグレイの香りがしっかり感じられますね!

香りがしっかりくる分、紅茶の茶葉そのものの味は、控えめな印象。

(キャラメルやチャイでも感じたけど、ジャンナッツ紅茶のフレーバードは香り強め、紅茶の味うすめ)

chiharu
chiharu

香りがしっかりあるので、確かにお菓子の材料として入れるのにいいかも!

あと個人的には鍋で煮出して、アールグレイのロイヤルミルクティーにするのも好きです!

濃厚なミルクティーにふわんと香るベルガモット、煮出すことで紅茶の味もしっかり出てくれますよ。

私のおすすめの飲み方:アイスティー、ミルクティー、ロイヤルミルクティー

アイスティーの作り方

暑くなるとアイスティーを大量に飲む私(おそらく一日1.5L以上)。

茶葉たっぷりで丁寧に淹れてたら、カフェインも摂りすぎるし、コスパもよろしくない。

というわけで、こちらを参考に鍋でアイスティーを作っています。

フランス人マダムに教えてもらった、世界一おいしいアイスティーの作り方

  1. 1.5Lの水をお鍋で沸かす(本当は2L)
  2. 沸騰したら火を止めて、ティーバッグを3ついれて、ふたをして21分蒸らす
  3. ふたを取って、ティーバッグをそっと取り出す
  4. 粗熱が取れるまで放置、取れたらピッチャーに入れて冷蔵庫で冷やす

なぜ2Lではないかというと、私の片手鍋の容量が、MAX1.5Lだからです(笑)

あと私としては、1.5Lでも薄味だと感じるので、2Lだと薄すぎるかなと。

chiharu
chiharu

アイスティーをちゃんと淹れると美味しいのは知ってる!

でも水分補給と割り切ってます!

水出しアイスティーも好きなんです!が、しっかり風味を出すには、最低でも200mlにつき1ティーバックが必要。

1.6L作るには、8個ものティーバッグを消費・・・って多くない??

悲しいことに、お得用紅茶(日東紅茶やリプトンの)では満足できないため、おいしくてコスパのよい紅茶が良いのです。

基本、アイスティーはストレートで飲むので、単なるお得用だと茶葉の少なさや、味の物足りなさが目立つなと・・・ワガママですね^^;

この作り方だとカフェインも少ないので、幼児も麦茶感覚でごくごく飲んでおります。

※ただしホットの紅茶は、カフェインレスを幼児に飲ませてます。

ちなみにお鍋でアイスティーを作ると、すぐ着色して茶色に染まっていくので、こまめにメラミンスポンジでこするのがオススメです。

そして、ホワイトニング系の歯磨き粉でしっかり磨こう・・・とも思います(笑)

ジャンナッツ ダージリン

原産国:ダージリン

夏のアイスティー用ティーバッグのひとつ。

紅茶の水色は薄めで明るく、爽やかな味わいで、少しキリッとした渋みがあります。

chiharu
chiharu

アールグレイのアイスティーに飽きたなあ〜と思ったらこっち!

カルディでは、ダージリンだけ他より少しお高いので、三大紅茶の風格を感じます(笑)

私のおすすめの飲み方:アイスティー(ストレート)

ジャンナッツ セイロン

原産国:スリランカ

こちらも夏のアイスティー要員です。

以前、私にとってセイロンティーは「可もなく不可もない」というイメージでした。

でもそれは、私が無知だったためだと知った今、新たな気持ちで楽しみたいです!

ところで、「セイロン」と打ち込むたびに「正論」と変換するのはやめてもらえないだろうか・・・。

私のおすすめの飲み方:アイスティー

ジャンナッツ キャラメルティー

原産国:スリランカ

ジャンナッツのフレーバードティー「キャラメル」。

正直、普通に淹れて、ミルクを入れただと味が薄くて、物足りなかったんです。

あれ、あんまり美味しくないな、失敗したかな・・・と凹むレベル(苦笑)

でも煮出してロイヤルミルクティーにしたら、キャラメルの香りも紅茶の味もしっかり出て、バランスの良い仕上がりに!

キャラメルのあまーい香りがキッチンに広がって、幸せな気持ちになります。

chiharu
chiharu

お鍋で煮出して、寒い時期に飲むのがおすすめ!

ジャンナッツとしては、「キャラメルの香りを邪魔しないように」セイロンティーにしているのかもしれませんが、ちょっと薄いかなあ。

私のおすすめの飲み方:ロイヤルミルクティー(鍋で煮出す)

ジャンナッツ エベレストチャイ

原産国:スリランカ

原材料:紅茶、シナモン、ジンジャー、クローブ、ナツメグ、ブラックペッパー、カルダモン、香料

ネパールとセイロン茶葉にスパイスをブレンドしたチャイティー。6種のマサラスパイスで体の芯まで温まります。

カルディ公式サイトより

ジャンナッツ「エベレストチャイ」。

正直、味も香りも色も、うすいな・・・と感じました(鍋で煮出したにも関わらず)。

ここからは、私個人の勝手な好みを熱く語らせてください。

chiharu
chiharu

もっとガツン!!とした、チャイらしさが欲しい!!

ジャンナッツだけでなく、市販のチャイのティーバッグ全般にいえるのだけど、いまいち中途半端というか「チャイ風」という味わい。

スパイスは入っているのに、ほんのり香る、風味づけ程度なのですよね。

私としては、もっと紅茶も濃厚に出てほしいし、スパイスも効いててほしい!

正直、「チャイ風」のものを飲んでみたいなら、スタバのチャイティーラテで十分なんですよ。

でもそうじゃなく、こういう「スパイス入り、チャイ専用のティーバッグ」を求める人は、もうすでにチャイの良さを知っている。

chiharu
chiharu

自分でスパイスを調合するのは大変そうだけど、本格的なチャイをおうちで飲みたいなあ。

そう思ってワクワクして、作ったのに「チャイ風味」の薄い仕上がりだと、ガッカリしちゃうんですよね。コレジャナイ感。

各社もっと「うちのチャイはこうだ!!」と個性出してほしい!と願うのは私だけでしょうか。

チャイに対する欲求不満のあまり、熱く語ってしまいました^^;

私のおすすめの飲み方:チャイ(鍋で煮出す)

※「チャイのフレーバードティー」のようなマイルドな味わいです。濃厚なチャイをご希望な方にはおすすめしません。

スポンサードリンク

ジャンナッツ紅茶まとめ

種類おすすめ
アールグレイアイスティー
ダージリンアイスティー
セイロンアイスティー
キャラメルロイヤルミルクティー
(鍋で煮出す)
エベレスト
チャイ
チャイ
(鍋で煮出す)

ジャンナッツ紅茶の感想まとめ

ジャンナッツ紅茶について、また随時追記していきます!

トワイニング紅茶

シルバーポット紅茶

カレルチャペック紅茶、その他

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました